« Nikon 1 J4にFT1+タムロン製300mmレンズ組み合わせて撮ってみた | トップページ | iOS 8.3にアップデートしてみた »

2015年4月 9日 (木)

PC-98時代の86音源ボードをPCに接続するためのBOX”C86BOX”

かつてPC-98時代には音源ボードが別売りで、純正の”86音源ボード”なるものを買ってきてつけてたものです。

音源が標準となったのもここ最近(!?)のことで、かつてはPCも音源ボードは別売りだったものです。

さて、PC-98ではかなりの人がお世話になったであろう86音源ボードをPCに挿せるようにした拡張BOX”C86BOX”なるものが売られてるそうです。

PC-98の“86ボード”が自作PCで動作、Cバス音源ボード対応の外付けボックス「C86BOX」が発売 - AKIBA PC Hotline!

Cバス仕様の86ボードを挿し、これをUSBで接続できるようにしたこのC86BOX、手作り品ということもあってお値段は43980円となかなかの価格。

それにしてもなかなかきれいな筐体ですよね。丁寧なつくりのようです。

最大の問題は、86ボードをどうやって探し出すかということでしょうが・・・まだ持っている人はかなりいそうですから、そういう人なら購入してもいいかもしれません。

ところで、私の持っているX1FにもFM音源ボードが増設してあってですねぇ。

PCM音源どころか、FM音源。これでも当時は格段に高音質で感動したもので・・・などと昔話を語り始めると、今の時代は年寄り扱いされそうですね。

ONKYO SE-90PCI R2 WAVIO PCIデジタルオーディオボード ハイレゾ音源対応

« Nikon 1 J4にFT1+タムロン製300mmレンズ組み合わせて撮ってみた | トップページ | iOS 8.3にアップデートしてみた »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

X1のFM音源ボードは改造すると2枚刺し出来ると
話題になったことがありました。


音源ボードを2枚用意する事がそもそも難航しそうですが(汗

こんにちは、mokekyoさん。

FM音源2枚挿しとはずいぶん贅沢(当時)ですねぇ。私はかなり苦労して音源ボード買ったんですけど・・・X1の音源ボードさしたら、音楽がバックグラウンド処理できるようになりキャラクターが激しい動きをしても音楽が遅くならないため感動した覚えがあります(PSG使用ゲーム除く)。

私が最初に買ったX1は叩き売られていた
X1Twinだったので、FM音源ボード自体の
値段はお手ごろ?でしたが、見つけるのに血眼でした(血涙
今思えば、専用モニタを手に入れるまでよく
ビデオ出力の画面でダンプリストを入力
していたと思います(汗


あ、2枚差しの話はつい最近みたいです。
『NRTDRV』で検索されると色々と出て来ます。

こんにちは、mokekyoさん。

X1Twin懐かしいですね。しかし私の周りではついに所有者を見ることはありませんでした。X1 Turbo Z買った人はいたんですが。今なら

今と違ってユーザーが少なく、ボードの数も少ないため、入手は困難ですね。

NRTDRVでググってみました。

http://nrtdrv.sakura.ne.jp/

FM音源16音とは、当時実現していたら圧巻ものでしたね。未だにハックされ続けるとは、ユーザーの愛とは恐ろしいものです。

TurboZも叩き売りされていてT-ZONEで
買った記憶があります、基本そういうのばかりで(汗
一緒に叩き売られていたテラドライブと
どっちにするか迷ってバイト代をつぎ込んだ若かりし時(遠い目

結局、私がX1でまともにゲームしたのは
ゼビウスくらいで、後はひたすらプログラムでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61394530

この記事へのトラックバック一覧です: PC-98時代の86音源ボードをPCに接続するためのBOX”C86BOX”:

« Nikon 1 J4にFT1+タムロン製300mmレンズ組み合わせて撮ってみた | トップページ | iOS 8.3にアップデートしてみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ