« 関空とお台場に開通機能付きSIM自販機登場 | トップページ | 近接通信で超高速転送可能な”TransferJet”を使うと・・・ »

2015年4月 4日 (土)

Microsoft Lumia 535でGoogleマップ使ってみた

Windows Phoneってやつは基本的にGoogleサービスを使うためのアプリがほとんどありません。

また、日本国内では絶望的に酷いマップアプリしかないのも現状。フルのWindowsのマップはまともなんだから、あのデータを使えばいいのに・・・などと思う今日この頃。

一応、Windows PhoneのIEでもGoogleマップが表示できるらしいですが、使い勝手が悪いのでやっぱりまともなマップアプリが欲しいところ。

で、公式ではありませんが、一応Googleマップを表示できるアプリがあります。

Google Maps | Windows Phone アプリ + ゲームストア (日本)

Wp_ss_20150329_0002

名前こそ”Google Maps”ですけど、作ったのは”GMaps team”というところ。

上のほうに広告が出てるし、やっぱりGoogle製とはちょっと違うかな。

Wp_ss_20150329_0001

ほぼ同じところの純正マップの表示。

どこやねん!?”301”って道路は!などと叫びたくなるほど適当なデータ。

両者を比べると月とすっぽん、ボールとビグザムほどの差がありますね。

Wp_ss_20150329_0005

なおこのアプリ、デフォルトでは純正マップといい勝負のマップが出てくるんですが、画面下の”…”をタップして出てくるメニューの”settings”をタップし

Wp_ss_20150329_0006

”Map View”を”Google Maps overlay”にするとまともなGoogleマップになります。

Wp_ss_20150329_0003

特定の地点を長押しして出てくるランドマークをタップすると、この通りまるであのマップアプリのようなメニューが出てきます(ただし英語)。

Wp_ss_20150329_0004

ストリートビューもこの通り、ちゃんと表示されます。ただし、ちょっとカクカク動きますが。

そういえばfreetelやマウスコンピュータが近々日本でもWindows Phoneを出す予定といわれておりますけど。

freetelはWindows Phoneを“2万円台”で売る、と関係者 - 週アスPLUS

あの試作機を初披露、マウスコンピューターのWindows Phoneとは?:MWC 2015 - 週アスPLUS

いきなりGoogleマップがサポートされるとは考えられないため、しばらくの間純正マップアプリの残念具合はこのアプリで補うしかなさそうです。

Microsoft Lumia 535 Dual SIM [ブラック Black ] [並行輸入品]

« 関空とお台場に開通機能付きSIM自販機登場 | トップページ | 近接通信で超高速転送可能な”TransferJet”を使うと・・・ »

Windows Phone」カテゴリの記事

コメント

うーん、日本におけるデジタル地図関連は鬼門ですなぁ
マツダコネクトも日本向け最新モデルでは、謎のトヨタ系メーカー製ナビソフトに変更されてしまい、この一件で、外国メーカーでは日本市場向けは手に負えないという印象が広まってしまいましたね
日本仕様なのになぜか越境設定があったり、意味不明なトンネルモード、理解不能なジャンクション表示など、あまりにもネタを提供しすぎました

マツコネのナビはLinuxベースはいいとして、SoCやセンサー類がショボすぎるというハード面の不備も指摘されているので、やる気さえあればなんとでもなるスマートフォンとは話の次元が異なりますが、地図アプリで広告収入ガッポリだぜ!と息巻いていた一時の勢いが、OSメーカー各社から薄れているのを見るにつけ、いろいろ難しいんだろうなぁ、とは思います(パイオニアは偉大だったんだなぁ)

こんにちは、マジック144点灯さん。

ナビの市場そのものがスマホのおかげで縮小傾向にあること、車の台数も減少気味なことから寡占が進んでるみたいです。そのおかげか、かつてはいろんなメーカーが独自性を売りにしてたものですが、最近はどうも同じようなものに行き着いてしまったような気もします。

私も皆既月食は見られませんでした…こんな時に限って天気悪すぎです。

Windowsストア向けの地図アプリ「MapFan」が”無料”で公開されたそうですね

ひょっとしたら、日本マイクロソフトがWindowsPhone8.1の問題点として、まともな地図アプリが無いことを認識していて、インクリメントPに開発を依頼したのかもしれません
インクリメントPからドローデータのみ導入して、開発を自社製にこだわったせいで大失敗した、iOSにおける初期のMAPアプリを、他山の石にしたのかもしれませんね

AndroidやiOSのような連携機能には遠く及ばないでしょうが、少なくともメインターゲットとなる法人ユーザーに対しての売り込みはしやすくなりそうです
ただ、Windows10 MobileにOTAでアップグレードする際にワークエリアが不足していると、インストーラーに弾かれる可能性が高いらしく、そういった場合はマイクロSDカードが別途必要になることもあるようなので、容量が厳しい人は導入する際に十分な検討が必要になるかもしれません

こんにちは、マジック144点灯さん。

私も落としてみました。古地図風などにできてなかなか楽しいアプリですね。あとはiOS版のようにデータをダウンロードできるサービス(有料になりますが)があるとなおいいんですが。Wi-FiのみのWindowsタブレットでもオフラインでカーナビに出来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61356652

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Lumia 535でGoogleマップ使ってみた:

« 関空とお台場に開通機能付きSIM自販機登場 | トップページ | 近接通信で超高速転送可能な”TransferJet”を使うと・・・ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ