« 筐体サイズと重量が半分になった3Dプリンター”ダヴィンチ Jr 1.0” | トップページ | 2017年に”ガラケー”消滅!? »

2015年4月25日 (土)

Apple Watch Sportキターーーーー!!!

ついに我が家にもきました、Appleの新しいデバイス”Apple Watch Sport”。

Img_8341

が、それにしてもちょっと長すぎでない!?この箱。

Img_8342

パッケージはこんな感じ。iPhone 5sと比べるとずいぶんと長い&でかい。iPhone用の箱より大きいです、これ。

Img_8343

中から長いプラスチックケースが登場。

Img_8344

中身はこんな感じ。

Apple Watch Sportの場合、まっすぐに伸ばされた状態でパッケージされるようです。

おかげで、充電器とケーブルの当たりの周囲があまりにも無駄な空間になってますが。

Img_8346

バンドはS/M用とM/L用同梱とかかれてましたが、S/M用バンドが本体とは別に付属してますね。

Img_8345

本体に包まれたフィルムをはがすと

Img_8349

Apple Watch Sportの装着方法がかかれてます。

Img_8347

まず金属のポッチにバンドの穴を差込み

Img_8348

その後、バンド用穴に端を突っ込むというつけ方です。

これはちゃんと手順を知らないと、はめづらいですね。

Img_8350

腕にはめてみた。

42mmモデルですが、思ったより大きく無いですね。

Img_8351

腕にはめた状態で起動。

起動に1分かかるとは聞いてましたが、結構またされます。

Img_8352

初回起動時は言語設定から。

Img_8353

もちろん、日本語に設定。

Img_8354

さて、ここでペアリング画面が出てきます。

Img_8355

平日に使うiPhone 5cとペアリングすることにしました。

こいつはカメラが封印されてるので、Apple Watchの画面を写して自動ペアリングさせることは不可能。手動でペアリングします。

Img_8356

両方で”ペアリング開始”をタップすると、こんな画面が出てきます。

デバイス名が出てくるので、これを選択。

Img_8357

Apple Watch側は右下の”i”マークをタップします。

すると、6桁の数字が現れるので、これをiPhone側で入力。

Img_8358

ペアリング完了。

Img_8359

左右どちらの腕に装着するのか?などの質問が続きます。Apple ID、パスワードも入力。

Img_8360

最後に”利用可能なAppをインストール”するよう聞かれます。

ここでは”すべてインストール”を選択。

Img_8361

しばらく同期作業に入りました。

Img_8362

この間に充電ケーブルを確認します。

先日届いたApple Watchの予備ケーブルと同じものかと思いきや。

Img_8363

裏面は白いプラスチック。

どうやら、Apple Watch Sport付属のケーブルは背面が金属ではないそうです。

Img_8364

まあ、用が足せればそれでよし。この通り、ちゃんと引っ付きます。

Img_8365

そんなこんなでようやく同期完了。

Img_8367

アイコン画面です。やっぱりちっさい。

Img_8369

こうやってぐりぐり動かすことも出来ます。

”デジタルクラウン”と呼ばれる竜頭部分を回すと、拡大縮小します。

このデジタルクラウンですが、思いのほか軽い。

Img_8371

マップアプリを立ち上げてみた。

拡大縮小はデジタルクラウン、画面をスライドするとスクロールします。

マルチタッチではないので、2本指で操作してもiPhoneのようには動かせません。

Img_8366

”アクティビティ”を起動してみた。

カロリーなどの運動目標を設定できます。とりあえず軽い目標を設定しておきました。

Img_8396

なお、iPhone側にも”アクティビティ”アプリがホーム画面に登場。こちらでも管理できるようです。

Img_8368

メールもこの通り確認可能。

Img_8373

電話アプリで妻のiPhoneにコールしてみました。通話はいずれ使うことに。

Img_8370

サードパーティ製アプリのいくつかがインストールされてました。

こちらは”ガソリン天気予報”。

Img_8372

”Battery Doc”も入ってました。

ただし、こちらで表示されるバッテリー残量はiPhoneのもの。Apple Watchのバッテリー残量が表示されるわけではありません。意味があるようなないような・・・

Img_8384

ニュースアプリ”Flipboard”も対応してます。

ただ、読み込み時間が結構長い。1分近くまたされます。

Img_8385

画面スクロール or デジタルクラウン回転で記事を読むことが可能。ちょっとした暇つぶしに使えそうです。ただし、もうちょっと速く読み込めたらいいんですけど・・・

Img_8376

さて、”Apple Watch”本来(?)の機能である時計をカスタマイズしてみます。

Img_8375

画面を強めに押すと

Img_8374

時計のデザインを選択できます。

Img_8377

時計の中に天気や世界時計、カレンダーなどを表示する部分がありますが、この辺もカスタマイズ可能。

Img_8400

で、結局私が選んだデザインはこれ。

クロノグラフ風デザインに、タイマー、天気、Apple Watch Sportのバッテリー残量を表示させてます。

Img_8401

普段つけてる時計と比べてみた。

時計としての風格は、やっぱりオメガの方が上ですね。

ただし、Apple Watchは単なる時計にあらず。iPhoneとの連携機能が売りです。

この辺りがどれくらい使えるのか、しばらく検証してみようと思います。

Img_8394

さて、Apple Watchといえばバッテリーの持ちが悪いといわれてます。ちゃんと充電できるかどうか確認。

先日買った予備の充電ケーブルとつないで、充電可能である事を確認。

なんとなく、接点がないので本当に大丈夫かな?と心配でしたが、問題なく使えます。

Img_8387

さて、私の腕にはM/Lケーブルが長すぎるので、S/Mケーブルに交換することにしました。

このあたりをぎゅっと押しながら

Img_8388

バンドを横にスライドするとはずれます。

Img_8398

このApple Watch、15MB分の写真が入るようです。ただしオリジナルサイズではなく縮小したものが転送されるっぽい。大体100枚分収めることが可能。

とまあ、ざっくり使ってみましたが、心拍数の測定はどうするのか?などまだまだ機能のすべてを使いきれておりません。

ところで、電源長押しすると”電源オフ”のほかに”省電力モード”というのが出てきますが。

Img_8389

その”省電力モード”にするとこんな画面に。

この状態でデジタルクラウンなどを押してもアプリ画面は出てきません。時計以外の表示をさせるには電源長押しし、再び起動するしかありません。注意。

ところで、今日時点で既に対応アプリも3000本以上あるそうですが

「Apple Watch App Store」のオープン時のアプリ数は3,000本以上 | 気になる、記になる…

私が使っているアプリを見る限り、まだまだチューニング不足な感じ。

まだ出たばかりであり、開発者の多くが実物でのテストをしていないからだと思われます。ものが出回った今日以降、より洗練されていくんじゃないかと思われます。

せっかくiPhoneをしまったまま使えるApple Watch。この小さな画面を生かしたアプリがいろいろ出てくるといいですね。特にニュース系アプリはよく使うので、Flipboardがもうちょっと快適に使えるよう改良される事を期待してます。

ということで、私が初めて入手したこのウェアラブルデバイス。しばらく使ってみて、今後使用感や便利なアプリなどのレビュー記事を書いていきます。

【3枚セット】【GTO】Apple Watch 42mm 専用 薄さ0.2mm 最薄強化ガラス・耐指紋、撥油性 表面硬度9H 厚み2.5D 高透過率液晶保護フィルム 反射低減タイプ 光沢表面仕様 飛散防止加工

« 筐体サイズと重量が半分になった3Dプリンター”ダヴィンチ Jr 1.0” | トップページ | 2017年に”ガラケー”消滅!? »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61483129

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watch Sportキターーーーー!!!:

« 筐体サイズと重量が半分になった3Dプリンター”ダヴィンチ Jr 1.0” | トップページ | 2017年に”ガラケー”消滅!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ