« マウスコンピューターのm-Stickに64GB版の”白”モデル登場 | トップページ | 日経Linux 4月号の付録に”ラズパイ大和”載りますっ! »

2015年3月 7日 (土)

IoTデバイスを作るためのキットをIBMが発売

見た目はまるでRaspberry Piですが、IoTデバイスを作るためのキットなようです。

モノのインターネットのガジェット作りに最適なハードウェアキットが登場 | ReadWrite Japan

ARMとIBMが出したこの”IoT Mbed デバイス プラットフォームキット”は、ARMチップ搭載のコンピュータボードにセンサーボードを組み合わせた2枚組みのキット。

コンピュータボードの方はそれこそRaspberry Piのようなものみたいですが、上のセンサーボードには温度計、加速度計、電位差計、ブザー、ジョイスティック、LEDライトに、白黒液晶ディスプレイが付いてるそうです。

5分もあればくみ上げてテストまで出来るという完成度っぷり。オプションによりお値段は50~200ドルだそうです。

Raspberry PiもIoTデバイスとしての期待がかかっているようですが、こちらは最初から豊富なセンサーがいきなり使えるようになってます。

テクノロジー企業向けに作ったキットのようですが、個人向けにも販売して欲しいなぁ。

センサーボード以外の拡張性がどれだけあるかにもよりますが、アイデア次第では面白いものが作れるかもしれませんね。

Raspberry Pi 2 Model B (1)

« マウスコンピューターのm-Stickに64GB版の”白”モデル登場 | トップページ | 日経Linux 4月号の付録に”ラズパイ大和”載りますっ! »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61245042

この記事へのトラックバック一覧です: IoTデバイスを作るためのキットをIBMが発売:

« マウスコンピューターのm-Stickに64GB版の”白”モデル登場 | トップページ | 日経Linux 4月号の付録に”ラズパイ大和”載りますっ! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ