« 日経Linux 4月号買いました | トップページ | 戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画のはがきが届いた »

2015年3月 9日 (月)

ドンキタブレット第2弾「カンタンPad 2」発売 6980円(税抜)

昨年暮れに発売されたドン・キホーテの5000円台Androidタブレット”カンタンPad”の後継機が出たようです。

驚くほど安いドンキのタブレットがストレージ2倍&画面解像度アップで再登場 - 週アスPLUS

その名も”カンタンPad 2”。そのまんまです。

大きな変更点は、まず値段が上がった(税抜き5980円から6980円に)こと、内蔵ストレージが増加した(4GBから8GBに)こと、解像度もアップした(800×480から1024×600に)こと。

多少薄型化、軽量化されたらしいです。

残念なのは、バッテリー充電時間が3時間から3時間30分と微妙に増えてるところ。駆動時間は変わらないようです。容量が増えてるんでしょうか?

IDなしでも使いまわせるというお気楽さは前モデルと同じなようです。

あまりコンピュータに強くない世代の人が使うにはちょうどいいモデルという部分は継承されてるようですね。他にもソースネクストの“アプリ超ホーダイ”1ヵ月無料版(月額388円)や、音楽ストリーミングサービスなどが入っているようです。

ちょっと気になるタブレットではあるんですが、近所にドンキが・・・今度足を伸ばして見に行ってみようかな?

ラメ入り液晶保護フィルム『KiraKira Shield カンタンPad』

« 日経Linux 4月号買いました | トップページ | 戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画のはがきが届いた »

Android」カテゴリの記事

コメント

これくらいの値段だと試しに
買ってもいいかなと思えますね。

こんにちは、mokekyoさん。

どうやら安かろう悪かろうな端末ですが、IDなしでも使えるというコンセプトのおかげで、特に高年齢の方に受けてるようです。

実際どれくらいの実力なのか、一度入手してみたいですね。

親が体が不自由なので家で録画した時代劇でも再生
出来る端末を探していて、このアタリであればいいかなぁと
考えています。

そうなると7インチの大きさがどんなもんなのか
ドンキに行って調べてこないと(w

こんにちは、mokekyoさん。

7インチという大きさは、私の場合ぎりぎり片手でつかめる大きさです。

速度が心配ですが、いまどきのAndroid端末は1万円以下でも動画再生程度ならあっさりとやってのけてくれます。いい時代になりましたねぇ。

これを見る前に10インチのタブレットを
見てしまっていたので7インチは小さく感じて
しまいました。。。

アンドロイドも使った事が無いので、何とか
なりそうなWindows7が入った10インチの
タブレットを買ってきちゃいました。

スタンドアロンで使うのでXPでも良かったのですが
バッテリーとか考えたりするとこのあたりが
落としどころだと思えました。普通に使えますし(w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61244646

この記事へのトラックバック一覧です: ドンキタブレット第2弾「カンタンPad 2」発売 6980円(税抜):

« 日経Linux 4月号買いました | トップページ | 戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画のはがきが届いた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ