« スマホに猫がじゃれきたようなスタンド”ネココロ” | トップページ | MVNOサービスの回線速度比較 »

2015年2月10日 (火)

”戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画”に支援してみた

Yamatovirtual

ちょうど締め切りを過ぎてしまいました(2月10日0時0分まで)が、”戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画”てのをCAMPFIREというクラウドファンディングサイトで募集されてたので、ついつい支援してしまいました。

戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画:「乗れる、そして動く実物大の大和」を建造。 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

12月4日に募集開始で、目標金額の100万円は翌日に達成、その後締め切りまでに500万円を突破するほどの盛況ぶり。

リンク先には、金額に応じたストレッチ目標がかかれてまして

・200万達成 兵員の居住空間の作成。

・300万達成 主砲内部の作成。

・400万達成 対空射撃訓練のシーンを作成。

・500万達成 零式水上観測機のカタパルト射出のシーンを作成。

というところまでは実現してくれる模様。

ちなみに600万円を突破していれば、雪風、磯風などの遠景モデルが設置される予定でした。惜しいですねぇ・・・

私が支援した金額は5000円。戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画コンテンツに加えて、超大和型戦艦(51cm連装砲搭載型)の特別VRデータのダウンロード権もついてきます。CAMPFIREを通じて”大和建造”状況も提供される予定。

ところでこのVRデータ、あのOculus Riftに対応しているとの事。

なくてもPC画面で楽しめるデータもあるようですが、VR体験したいならOculus Rift(DK2以上)が必要だそうです。

このデータがリリースされるのは今年の8月予定。ということは・・・夏までに何とかしてOculus Rift DK2を購入しなきゃいけないってことに。

今年中に市販化されるらしいですが、果たして間に合うかどうか。開発者版に手を出さざるを得ないかもしれません。

ちなみに、Oculus Rift DK2のもっとも安い買い方は以下のサイトから。

Oculus Rift DK2の購入方法ガイド 公式サイトも日本語に対応! – もぐらゲームス

大体送料・税金込みで5.5万円ちょっとといったところか。うーん、どうしようか・・・

まあ、こんなもの作っちゃったからには、バーチャルな大和への出費も惜しんじゃいけませんね(涙)

Oculus Rift Development Kit 2 DK2 オキュラス リフト/ 3D ヘッドマウントディスプレイ

« スマホに猫がじゃれきたようなスタンド”ネココロ” | トップページ | MVNOサービスの回線速度比較 »

パソコン系」カテゴリの記事

数値解析系」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61111187

この記事へのトラックバック一覧です: ”戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画”に支援してみた:

« スマホに猫がじゃれきたようなスタンド”ネココロ” | トップページ | MVNOサービスの回線速度比較 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ