« 汎用歯ブラシに使えて歯磨きをデータ化できる”G.U.M Play” | トップページ | SCSKの新春恒例HPCキャンペーンチラシ »

2015年1月22日 (木)

スタートメニューが復活するWindows 10は7からもアップデート可能に!

今朝方にWindows 10に関する発表が行われてました。

【笠原一輝のユビキタス情報局】最新技術をいち早く搭載するWindows 10 ~国内PCへの搭載は秋冬モデルになる見通し - PC Watch

この発表で気になったWindows 10の機能は以下。

・Cortanaという音声認識機能をデスクトップ版にも搭載

・IEに代わってSpartanという新しいブラウザを搭載

・AR機能に関する新しいAPIを搭載

AR機能については、"HoloLens"というヘッドマウントディスプレイを使った新機能の紹介もありました。

あたかも空間にインターフェースが現れたかのようなUIが使えるようになるとかどうとか。

デスクトップにスタートメニューが復活するというより、デスクトップ用とタブレット用とを分けたという感じですね。

確かに、Windows 8.1では無理やりタッチパネル用UIとデスクトップとを引っ付けてしまった感じ。Windowsアプリストアのアプリを20インチ以上のPC画面で使うというのはかなり無理がありましたよね。

タブレット用はARMにも対応するようで、AndroidタブレットくらいのスペックのマシンにもWindowsを搭載できるようになるかもしれません。って、要するにRTが復活!?するだけのようにも聞こえますが。

何よりもビッグニュースなのは、このWindows 10が7以降のOSから無償アップデートできてしまうということでしょうか。

もうWindowsを売るだけというビジネスモデルから大きく転換する覚悟のようです。Microsoftの意気込みを感じますね。

自作PCを更新しようと思ってたんですが、もうすぐWindows 10出るから待とうかなぁなんて思ってた方なら、今買っても10に乗り換えられるので変に待たなくても良くなりました。

私もどうしようかと思ってますが、秋まで待たなくても10に移れるなら、ちょっと早めにアップグレードしてもいいかなと考えちゃいます。

果たして、Windows 10はどうなるんでしょうか?今度こそXPにトドメをさせるんでしょうか?秋以降の登場が楽しみです。

Microsoft Windows 8.1 最新版 [Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ]

« 汎用歯ブラシに使えて歯磨きをデータ化できる”G.U.M Play” | トップページ | SCSKの新春恒例HPCキャンペーンチラシ »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
このニュース本日よく見かけますが、詳しくわかってません。
期限付きとは1年間無料で、1年1日目にはライセンスが切れるんじゃなくで
1年間の間にアップグレード掛ける人には、永遠にwin10のご使用をどうぞ。って言う理解でいいんですよね。
win8にアップグレードする気はなかったけど、無料なら早期にやっちゃいそうです。
いずれにしても、ここのブログでいち早く導入して頂けそうなので、それを見てから判断してみようかなと思います。

まじかー、立体3Dがあああ!
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんすか、なんすかモーw

この無料アップグレードって、どうなるんですかね?
WindowsOSって、フツーに使っててもぶっ壊れるんで、2年に1度ぐらいクリーンインスト必須と考えてるんですが、
Win7のライセンス持ってて、期限内に1度Win10のアクティベートしてれば、永遠に使えるんでしょうかね。
再度クリーンインストしたくなったとき使えるのか、すっごく気になりますわ。

>>タブレット用はARMにも対応
結構ポイントですよね、これ
ODM、OEMからすれば、Androidタブレットやスマートフォンと基板を共用出来るわけですし
ただ、今の8.1世代でQualcomm限定としている制限は、撤廃しないと意味がありません
ソフト面では、64ビットとARTをサポートして、Androidアプリが動作する、程度のことはやらないと、局面は打開できないでしょうが

PCメーカーのサポート負担増大に配慮して期間を限定したという推測には、なるほどと思いました
直近の8.1へのアップデートでは、Microsoftが配布開始後間もなく、各PCメーカーも特にストレージ容量が少ないマシンでトラブルが発生しやすいことから、サポートページで詳細な手順の公開をしていたのですが、それでもトラブルが多発していたようなので、期限を切った集中投下的な施策も止むを得ないのかもしれません
ましてや、16GBのマシンだと旧OSのリカバリー領域で圧迫されている上に、なんの対策もなしにアップデートを行えば、WIMBootも無効になってディスク容量が逼迫、インストール作業には相当な困難が予想されます
またそうした低価格マシンにありがちな弱小メーカーだと、サポート対応の貧弱さにもユーザーは泣かされそうです

ただ、一度この壁を乗り越えさえすれば、半永久的にメジャーアップデートに悩まされる事がなくなり、OSの分断化も解消されるようですから、苦労してでも実行する価値はあるのかもしれません(システムイメージのバックアップは必須でしょう。Macのアレは、ちょっと…)

これだけ危険性を説明しても尚、XPにこだわり続けるようなユーザーは、今後も何を言っても耳を傾けることはないでしょうし、シェアも純減している現状では、さすがにもう無視していいんじゃないかな、とは思います
来年以降は6割近いシェアで、取りわけ法人での利用数が多いWindows 7を2020年までに、いかにして新OS(IE付属)に移行させられるかが焦点でしょうか

こんにちは、ちえぞーさん。

DVD ISOがダウンロードできるなら、多分永久にアップデートが使えることになるんでしょうが、おそらく1年限定、そのPCをクリーンインストールする際に1年が過ぎてたらアウト!ってことになるような気がします。

やっぱり、自作PC作るのはWin 10が出るのを待ってからにした方がいいのかな?などと考えております。OEM版はすぐに出るんでしょうかね?

こんにちは、シロツグさん。

今回の発表で最大のサプライズでしたね、HoloLens。

モダンUIよりもよっぽどかこちらの方がMicrosoftらしいと思いますね。ただ10が出てすぐに出るわけではなさそうです、このARインターフェース。早く出てくれるといいんですが。

こんにちは、 緋呂々さん。

Win8.1がDVDイメージを入手できてるわけではないため、やっぱりOSからのアップデートのみなのかな?と思われます。

ただし、どうやら当面はメジャーアップデートがなさそうなので、一旦Windows 10を入手したらしばらくは使い続けられそうなので、最初からWindows 10を買った方がいいのかな?などと考えております。でもまあ、詳細を知りたいですよね。

こんにちは、マジック144点灯さん。

Windows 7が動くハードなら10に十分対応できるんじゃないでしょうか?ここ数年ハードウェアが大きく進歩したわけでもないですし。ましてや1年とはいえ無償アップデートの道を作ったので、これまでにない速さで移行が進むと思われます。

ただタブレット系はおっしゃるとおり移行は難しいでしょうね。Surface RTもアップデート対象外なようです。Winタブレットは元々安いハードですし、そんなに製品寿命が長いわけでもないし、8.1のままで十分かと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61015363

この記事へのトラックバック一覧です: スタートメニューが復活するWindows 10は7からもアップデート可能に!:

« 汎用歯ブラシに使えて歯磨きをデータ化できる”G.U.M Play” | トップページ | SCSKの新春恒例HPCキャンペーンチラシ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ