« Raspberry Piをマルチコプターの頭脳に変えるボード”NAVIO+” | トップページ | どんな人でも料理が作れる!?フライパン”Pantelligent” »

2015年1月15日 (木)

Intelが今度は”ボタン”サイズのコンピュータモジュール”Curie”を発表

IoT時代をにらんでか、Intelが出してきたのはボタン程度の大きさのコンピュータモジュール”Curie”です。

米Intel、ウェアラブルデバイス向けの超小型モジュール「Curie」を正式発表 | GGSOKU - ガジェット速報

さすがに小さいため、性能的にはすごいわけではありませんが、Intel製 32-bit 低消費電力「Quark」プロセッサ384KBのフラッシュメモリと80KBのSRAMを内蔵。Bluetooth LEや加速度センサージャイロスコープを組み合わせた6軸センサーも搭載した、これ単体で駆動できるれっきとしたコンピュータです。

スマホ市場では乗り遅れた感のあるIntelが、その先に来るであろうIoT市場に向け先手を打つべく出した製品の一つ。昨年はSDカードサイズのEdisonなんて出してます。

ユーザーとすれば、こういうチップそのものを買うことはまずないのですが、これを使った斬新な製品の登場を期待したいですね。

Intel Edison Kit for Arduino

« Raspberry Piをマルチコプターの頭脳に変えるボード”NAVIO+” | トップページ | どんな人でも料理が作れる!?フライパン”Pantelligent” »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60950689

この記事へのトラックバック一覧です: Intelが今度は”ボタン”サイズのコンピュータモジュール”Curie”を発表:

« Raspberry Piをマルチコプターの頭脳に変えるボード”NAVIO+” | トップページ | どんな人でも料理が作れる!?フライパン”Pantelligent” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ