« SONYウォークマン修理 再び! | トップページ | 米新型宇宙船オリオンの打ち上げ、着水成功 »

2014年12月 6日 (土)

Wi-Fiで位置情報の精度を上げている仕組み

自宅のWi-Fiはもちろん、携帯電波の届きにくい場所ながら近くに公衆無線LANなどがある場合は、スマホなどはこれらを使って位置情報の精度を上げられるというのはよく聞く話(A-GPSってやつです)。でも、一体、どうやって?

というあたりの話がこちらに書かれております。

Wi-Fiを有効にすると位置情報の精度が上がる仕組みの秘密|タブロイド - オトコをアゲるスマホニュース

要するに、位置情報とMACアドレスとを関連付けてデータベース化してるんですね。

それでおしまい、と言いたいところですが、これは裏を返せばうちのWi-Fi機器の位置情報も取得されてるってことなんですよね。

薄々感じてたことだし、いまさらどうでもいいかもしれませんけど、どうしても気になる方は自宅のWi-Fi機器の位置情報を提供させない方法があるようです。これもリンク先にかかれてます。

自宅のWi-Fi機器のSSIDの末尾に”_nomap”ってつければいいようです。Googleが推奨してる方法だそうですけど、Appleもこれに準拠してるみたいです。

なんとなく使われてる技術といえども、ある程度どういうことが行われてるかを知っておいたほうがいいでしょうね。ネットの発達により、かなりプライバシーが侵害されてるケースも多いようですし、あまり無頓着でもいられません。

BUFFALO 11n/b/g対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー 300Mbps  WHR-300HP2/N (利用推奨環境 1人・ワンルーム・平屋)

« SONYウォークマン修理 再び! | トップページ | 米新型宇宙船オリオンの打ち上げ、着水成功 »

Android」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60685314

この記事へのトラックバック一覧です: Wi-Fiで位置情報の精度を上げている仕組み:

« SONYウォークマン修理 再び! | トップページ | 米新型宇宙船オリオンの打ち上げ、着水成功 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ