« 7000円台のタブレットが登場!? | トップページ | GPUを使って320億桁までの円周率が計算できるベンチマークソフト”GPUPI Beta 1.3”公開 »

2014年12月12日 (金)

ビッグデータが導き出した選挙の行方は!?

このブログではあまり政治的な話はしたくないんですが、”ビッグデータ”の活用というテーマで今度の選挙を占っているところがあります。

ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測 - ビッグデータレポート - ヤフー株式会社

前回の参院選では92%の的中率!だったこのビッグデータによる選挙予測。

Yahooの検索などのデータを用いて予測しているようで、現状は12月1日までのデータに基づいた予測が公開されてます。

これによると、与野党の勢力は一体どうなるのか!?

こうなるようです。

投票率にもよりますが、自公で75%程度の議席を獲得、民主がやや延びるものの、その他の政党が追いやられてしまうという構図です。

本当にこうなってしまうのか!?は14日当日には判明します。

今回の予測がわりと当ってしまうとなれば、こうしたビッグデータへの関心度が増してきそうです。

さて、どうなることか!?選挙も、この予測手法の確からしさも・・・

選挙 [DVD]

« 7000円台のタブレットが登場!? | トップページ | GPUを使って320億桁までの円周率が計算できるベンチマークソフト”GPUPI Beta 1.3”公開 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60781611

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグデータが導き出した選挙の行方は!?:

« 7000円台のタブレットが登場!? | トップページ | GPUを使って320億桁までの円周率が計算できるベンチマークソフト”GPUPI Beta 1.3”公開 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ