« ビッグデータが導き出した選挙の行方は!? | トップページ | iPhone 6 Plusが片手持ちできる!?ケース »

2014年12月13日 (土)

GPUを使って320億桁までの円周率が計算できるベンチマークソフト”GPUPI Beta 1.3”公開

円周率を計算できるベンチマークソフトといえば”Superπ”が有名ですが、よりベンチマークに特化したフリーソフトが登場。

【やじうまPC Watch】320億桁まで計算できるGPU用円周率計算ベンチ - PC Watch

”GPUPI”というソフトで、Superπが3200万桁までの円周率を計算できるのに対し、こちらはなんと320億桁!

さらにGPUチップも使って計算するとあって、まさにPCの全演算能力を使うベンチマークアプリとなっているようです。

ただ、計算結果は最後の9桁分(16進数)のみ表示するだけなので、320億桁の円周率が得られるわけではありません。

使い方は簡単。まず下記サイトにてGPUPI Beta 1.3を入手。

Legends never die: GPUPI - International support thread - Forums - overclockers.at

”Download: GPUPI Beta 1.3”をクリックし、ダウンロード。解凍すると実行ファイルが出てくるのでダブルクリック。

Gpupi01

ただしうちの環境ではどうやら動かなさそうなエラーメッセージが。

Gpupi02

GeForce 210でやるな!って言われてるようなメッセージ。

もしかしたらCUDAやドライバを最新版にすると動くのかもしれませんが、こんなグラフィックボードじゃたいして得られるものはなさそうなのでやめときます。

一体どれくらいの実行結果なのか!?リンク先に書かれた記事によると、Superπで100万桁の演算にかかった時間の世界記録はCorei7 3770Kを7GHz超にオーバークロックした計算機で出した5.078秒というのがあるそうですが。

これがGeForce GT640のボードを用いて計算しても100万桁ならわずか0.086秒!だそうで。

アルゴリズムの進化でしょうが、それにしても速い!

320億桁の計算でもGeForce GTX 980なら50分程度らしいので、なかなかすごいものです。

単なる速度計測アプリとしてしか使えませんが、自身のPCのGPU性能が本当に発揮されているのかどうか?をチェックするにはいいフリーソフトです。

三立製菓 平家パイ 9枚×6袋

« ビッグデータが導き出した選挙の行方は!? | トップページ | iPhone 6 Plusが片手持ちできる!?ケース »

パソコン系」カテゴリの記事

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60769458

この記事へのトラックバック一覧です: GPUを使って320億桁までの円周率が計算できるベンチマークソフト”GPUPI Beta 1.3”公開:

« ビッグデータが導き出した選挙の行方は!? | トップページ | iPhone 6 Plusが片手持ちできる!?ケース »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ