« 最近の各キャリアLTE回線速度対決に意味なんてあるの!? | トップページ | Lenovo G580をWindows 8.1にアップデートしてみた »

2014年10月 5日 (日)

Windows 10テクニカルプレビューのレビュー記事

クラシックなスタートメニューに戻りつつあるWindows 10ですが、既にテクニカルプレビュー版の配布が始まっていて、早速レビュー記事が出てきました。

【レビュー】「Windows 10テクニカルプレビュー」ファーストインプレッション ~内部バージョンは6.4 - PC Watch

このWindows 10の特徴は、このスタートメニューだけではありません。

アプリストアで入手したアプリは、これまで全画面での表示しか出来ませんでしたが。

これが10ではデスクトップ上の窓として表示できるそうです。

解像度は1024×768。アプリによってはもうちょっと狭い画面にも調整できるようです。

また、10ではマルチ・デスクトップ機能もあるそうです。

Ubuntuあたりだと、2つのデスクトップに行ったり来たり出来る切り替えがタスクバーについてたりしたものですが、Windowsはこれまでずっと1枚のデスクトップ(デュアルディスプレイなどを除いて)しかありませんでした。

上のレビュー記事では、10画面程度まで”仮想デスクトップ”が作成できたそうです。

これだけ聞くと、Windows 10の目指すものはこれまでのタブレット型UIからデスクトップ回帰の、それもかなりワークステーション的な用途をにらんで作られたような気がします。

まだプレビュー版ということで、ほとんどWindows 8な概観ですが、今後デザインも変更されてくることでしょう。発売は2015年です。

Microsoft Windows 8.1 最新版 [Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ]

« 最近の各キャリアLTE回線速度対決に意味なんてあるの!? | トップページ | Lenovo G580をWindows 8.1にアップデートしてみた »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60421594

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10テクニカルプレビューのレビュー記事:

« 最近の各キャリアLTE回線速度対決に意味なんてあるの!? | トップページ | Lenovo G580をWindows 8.1にアップデートしてみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ