« GoodReader 4に乗り換えてみた | トップページ | iOS 8で”ヘルスケア”や”株価”など消せないアイコンを消す方法 »

2014年10月 8日 (水)

オムロンが透明プレートを使った空間投影技術を開発

一見ハコビジョンのようなもの!?と思いきや、より立体的なものを表示する技術のようです。

オムロン、透明プレートを用いた空間投影技術を開発

オムロンが開発したこの「透明プレート型空間投影技術」は、ご覧の通り透明なプレート上に立体画像を映し出すものですが。

ハコビジョンのようなホログラム技術との違いは、奥行き感のある立体が得られる事のようです。

3D看板などに応用できそうですね。スマホやPCの画面として使うにはもうちょっと技術革新が必要な気がしますが、今後が気になる技術です。

ハコビジョン 初音ミク コンプリートボックス ([物販商品・グッズ])

« GoodReader 4に乗り換えてみた | トップページ | iOS 8で”ヘルスケア”や”株価”など消せないアイコンを消す方法 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60416342

この記事へのトラックバック一覧です: オムロンが透明プレートを使った空間投影技術を開発:

« GoodReader 4に乗り換えてみた | トップページ | iOS 8で”ヘルスケア”や”株価”など消せないアイコンを消す方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ