« iPhone 6 Plus用に急速充電対応ACアダプタ買ってみた | トップページ | 次のWindowsは・・・いきなり10!! »

2014年10月 1日 (水)

iPhone 6にPASMOを内蔵するという荒業が登場

NFC搭載でいよいよおサイフケータイとして使えるか!?という期待とは裏腹に、日本では現時点ではApple Payすら非対応という寂しい状況となってしまったiPhone 6/6 Plus。

そんなiPhone 6にICカードであるPASMOを内蔵してしまったというユーザーが登場。

【PASMOで】iPhone6でも内蔵できたよ!【おサイフ】 - Togetterまとめ

ICカードをiPhoneに密着させても使えるようにするため、電波干渉防止シートを間に挟むことが必要ですが、これも含めて内蔵してしまったようです。

ただしそのまま入れると本体が閉まらないため、PASMOを溶かして中の回路部分のみをむき出しにして挟み込んだようです。

この挟み込み方だと、画面側をセンサーに当てないと反応しなさそうですね。背面ではおそらく基板上のICと干渉しそう。

がんばれば、同じことがmanacaでも出来るでしょうが、荒業過ぎてちょっとおっかないなぁ・・・

駅の改札やコンビニでピッ 非接触型ICカード読み取りエラー防止シート for iPhone 5S/5C (iPhone 5/4S/4にも対応) IC-IPH-01-SIL

« iPhone 6 Plus用に急速充電対応ACアダプタ買ってみた | トップページ | 次のWindowsは・・・いきなり10!! »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

どうやってチャージするのか、とっても気になります(^^;)

こんにちは、みねなまさん。

名古屋周辺で使われてるmanacaなら、コンビニのレジのところにポンと置いてチャージできます。駅の券売機だとキツそうですが、非接触端末オンリーで使い続ければなんとかいけるかもしれません。

私のイメージが固定的なのか、駅の券売機しか頭にありませでした。名古屋のコンビニでもチャージ出来るってことは、東京でも出来るのかな?だとしたらかなり便利になりますね。
毎日のように便利に使える「お財布ケータイ」というシステム自体、既にガラパゴスなんだということを改めて実感してしまいました。

こんにちは、みねなまさん。

日本のICカード決済システムはやはりというか、世界では通用していないようです。ここでApple Payなんてものまで出てきたら、ますます日本式が孤立しそうですね。

スマホさえもガラパゴス化する日本のケータイ事情って、ある意味においては凄い事だと思います。
SIMフリーが人気の時代ですが、お財布ケータイに慣れてしまうと、SIMフリーには戻れなくなります。
他にもワンセグ、フルセグ、キャリアメール等、いつの間にか日本独自の機能がてんこ盛りになってますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60384399

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 6にPASMOを内蔵するという荒業が登場:

« iPhone 6 Plus用に急速充電対応ACアダプタ買ってみた | トップページ | 次のWindowsは・・・いきなり10!! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ