« Panasonicの新しいデジカメ”LUMIX CM1”がどう見ても立派なAndroid端末な件 | トップページ | SIMフリーiPhone 6 PlusにIIJmioプリペイドパックSIM入れて使ってみた »

2014年9月20日 (土)

SIMフリー版iPhone 6 Plus 128GBが!!

我が家に来てしまいました!!!

Img_7152

発表時に書いた記事では

「気になるのは”6”の方ですね」(キリッ!)

などとほざいていた私は、舌の根も乾かぬうちによりによって大きいほうを選んでしまいました。

しかも128GBモデルです。最大・最強のiPhone(2014年9月時点)になりました。

これまで私のiPhoneはすべて16GB。これまで入手したすべてのiPhone、iPhone 4、4S、5、5s、5cが束になってかかってもかなわないほどの大容量ストレージを搭載。いきなり8倍です。

こういうイベント時には、うちの妻は何も言わず冷たい目で見てくるんですが、今回ばかりはあまりの大きさのiPhoneに興味津々でした。

ところで、予約の日(9月12日 16時)って平日だったのでは?いやこのときは会社のトイ・・・げふんげふん

Img_7153

箱は事前リーク動画どおり真っ白。やっぱり正しかったんですね、あれ。

早速、開封します。

Img_7154

最近、私のiPhoneの白率が高すぎたので、ここいらでバランスをとるため(?)”黒”(スペースグレイ)を選びました。

Img_7155

手に持ってみるとやはりでかい

5.5インチはもはやタブレットといってもいいくらいの大きさ。

Img_7156

iPhone 5c、iPhone 6(のケース)、iPhone 6 Plusを並べてみました。

今まで大きいと思っていたiPhone 5系がかわいく見えます。

Img_7157

箱の中身はいたって普通のiPhoneセット。充電器も今までと同じ。

Img_7158

PC接続側のコネクターもどちら向きでも挿せるタイプになるといわれてたこともありましたが、これも普通のやつです。

Img_7160

iPhone 5の箱と比べてみましたが、表に絵が書かれていない(変わりにiPhoneの立体模様あり)以外は同じような箱です。

Img_7161

せっかくなんで、iPad miniと比べてみた。

相手は8インチクラスなのでさすがにiPhone 6 Plusの方が小さいですが、今までのiPhoneほど小さく見えませんね。

さていよいよセットアップ。と、その前に

Img_7131

事前にiPhone 6 Plus用のケースを入手してたので、これをつけることにします。

このケース、液晶保護カバー付き。

Img_7163

前面保護フィルムを貼ったところで

Img_7165

ドコモのSIMを入れます。

Img_7166

さて、今度のiPhoneは電源スイッチが側面に移動しました。

Img_7167

反対側は今までどおりのマナーモードスイッチと音量スイッチ。

ただ薄くなったためか音量スイッチが平べったくなりましたね。

Img_7172

カメラの飛び出しはうわさどおり。ただ、ケースをつけちゃえばまったく目立ちませんね。

Img_7168

ケースつけた状態同士ですが、iPhone 5cと厚さを比べてみました。

確かにiPhone 6 Plus、薄いことは薄いんですが、ご覧の通りめちゃくちゃ薄いというわけではありません。

ただ本体幅がある分、すごく薄く感じます。

Img_7169

電源オン。

Img_7170

セットアップ開始です。

Img_7171

とりあえず、iCloudバックアップからiPhone 5sの設定を復元することにしました。

Img_7173

Touch IDも設定して

Img_7174

ようやくご対面。ホーム画面です。

まだバックアップ復元中のままですが、とりあえずいろいろチェック。

Img_7175

大容量モデルはあらかじめiWorkとGarageBandがインストール済みといわれてましたが、確かに最初から入ってます。

Img_7176

空き容量がいまだかつて見た事の無い数字・・・

Img_7181

ホームボタンを2回ほどなでると、下半分のところに上部のアイコンが降りてきます。片手操作をやりやすくするための機能ですが、たしかにこれならアプリ起動は片手で何とかなりそう。

Img_7182

横にするとこんな画面に変わります。

iPad同様、画面の向きに合わせてホーム画面も変化します。

ただし、画面下にある4つのアプリ格納エリアは、横にしたときは右に行きます。

Img_7180

4インチのiPhoneとの比較。まずはブラウザ。

PC表示にすると画面の広さを生かした表示にしてくれますが、スマホ向けのサイトだとiPhone 5s/5cサイズがそのまま大きくなっただけのところも出てきます。

これがアプリとなると、iPhone 5s/5cの画面がそのまま大きくなっただけのものが出てきます。

(下図はSmartNews)

Img_7154_2

解像度がフルHDになってせっかく広いんだから、文字量増やしたりメニュー領域をつけてくれたりするといいんですけど・・・これは今後6 Plus解像度対応アプリの登場を待つほかなさそうです。

解像度違いに悩まされるのはアプリばかりではなく、壁紙も困りものですね。

解像度が1080×1920と縦長のフルHDなので、普通のフルHD壁紙画像ではうまく画面に入りません。

Androidスマホ用の壁紙がたくさん出回っているのかと思いきや、思ったほどなくて難儀してます。

Img_7183

ただし、マップアプリは画面が広がった分、広く使えますね。これは本当に解像度並みの広さを実感できます。

Img_7153_2

Angry Birdsも入れてみましたが、これも画面広さを実感できますね。

もっとも、Angry Birdsを快適にやるならやはりiPadですが。

Img_7178

胸ポケットに入れてみた。

iPhone 5cがぎり入るポケット。6 Plusをここに入れると・・・

Img_7177

こうなります。

収まりきれませんね、やっぱり。

さて、大きさだけではなく、速度も向上したといわれるiPhone 6/6 Plusですが。

私が使っているアプリではほとんど実感できませんね。元々5s/5cの差も感じてないくらいですし。

使ってるうちに実感できるアプリが出てくるかもしれません。

最初はでかいでかいと思っていたiPhone 6 Plusですが。

不思議なもので2~3時間もいじってるとこれが普通になります。

代わりにiPhone 5s/5cが小さく見えてしまうことに。

次は、128GB(実質114GB)を生かしていろいろ入れてみようかと思っております。

------------------------------------------------------------------

ところで、一体何故iPhone 6 Plus 128GBモデルを選んでしまったのか?

まずは単純に大容量モデルが欲しかったところからスタート。

我が家にある動画コレクションを見るため、これまでは32GBのWindows Phone 7.5端末”IS12T”をメディアプレーヤーとして使用し続けてきました。

ところが、さすがに32GBでは足りないと感じるように。

ということでそろそろ大容量モデルが欲しいなぁと、ぶらっとよった会社近くの中古屋で64GBのiPhone 4Sを18,000円で見つけたときにはさすがにぐらっときましたが。

ただ必要容量を計算するとやはり64GBでも足りない

となると、128GBしかないわけで。

などと考えて、今度はiPad Air or iPad miniの128GBを買おうかと考えてたんですけど。

iPadを使うにあたり一つ大きな問題点が。

それは私が近眼であること。

大画面の端末って、ある程度離さないと視野に入りきらないんですが。

そこまで離したところで、私の裸眼視力ではぼやけて見えなくなります。

あの画面の端から端まで裸眼で見えないんですよね・・・どんだけ近眼なんだと。

というわけで、寝転んで使おうにも、めがねを外した状態ではiPad miniでもちょっと見づらい。これでは寝るときの動画視聴には困ります。

いろいろ試すとNexus 7くらいの大きさが限界で、これ以上大きいと見えなくなることが分かってます。

Nexus 7に大容量microSDメモリーをツッコミというのでもいいんですが、やっぱりiOSのアプリも使えるようにしたいので、これも却下。

てことで、7インチ以下の128GB iOS端末が出るのを虎視眈々と狙ってたら出てきたのがiPhone 6/6 Plusだったというわけです。

で、以前の記事にも書いたとおり、発表時には元々6を狙っていました。

が、万札をiPhone 6 Plusに見立てて試してみると、案外この大きさでもいいんじゃないかと思い始めてしまいまして。

そうなると中途半端な解像度のiPhone 6よりはフルHDなiPhone 6 Plusの方がいいんじゃないかと考え始めたわけです。

こんな調子のアバウトな思考過程を経て、今iPhone 6 Plus 128GBモデルを手にすることになったわけです。

この選択が正しかったのかどうかは、今後使っているうちにわかることですが。

今のところ、悪くないですね。

ただ、やっぱりちょっとこれを外で使うのは目立つかなぁ・・・特に電話かけてるとき。

目立つだけならともかく、持ち歩きにくそうです。

大きさが大きさだけに、ジーパンのポケットに入れるのはつらそうですし。胸ポケット付きの服は必須ですね。

まあ、あまりにも持ち歩きにくいときは5sを使うことにします。こっちも買ってまだ7ヶ月ほどです。まだまだ現役。なお、会社用iPhoneはしばらく5cでがんばる予定。

なんだか複雑な使用環境になりつつありますけど、しばらくiPhone 6 Plusライフをエンジョイしてみることに。今後もレビュー記事をアップしていきます。

[Breeze] Apple iPhone6 Plus 5.5インチ ケース カバ アイフォン6 Plus iPhone6Plusケース カバー ★液晶保護フィルム ゲット iPhone6Plus カバー スマホカバー

« Panasonicの新しいデジカメ”LUMIX CM1”がどう見ても立派なAndroid端末な件 | トップページ | SIMフリーiPhone 6 PlusにIIJmioプリペイドパックSIM入れて使ってみた »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

お、こう来ましたか(笑)

SIMフリーとははいい選択ですね。私も今度はSIMフリーにしたいなぁ。

iOS8はファイルアップロードに問題がある、などまだ不安定なので気をつけてくださいね。

大きいのと高い(!)ので落としたりしないようお気を付けください。
また何か面白いことあったらアップして欲しいですね。

ではでは!

こんにちは、SULさん。

今回はSIMフリーというのも重要ですが、大容量ストレージにこだわってみました。

この両方のネタは今回書き切れなかったので、次回以降にまた。

やっぱり大きいですよね、これ。胸ポケットから落としそうです。壊れましたネタはやらないように注意したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60326293

この記事へのトラックバック一覧です: SIMフリー版iPhone 6 Plus 128GBが!!:

« Panasonicの新しいデジカメ”LUMIX CM1”がどう見ても立派なAndroid端末な件 | トップページ | SIMフリーiPhone 6 PlusにIIJmioプリペイドパックSIM入れて使ってみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ