« iPhone用外付けメモリードライブ”Gmobi iStick” | トップページ | スマホを充電できるマウス »

2014年8月28日 (木)

iPhone 4の液晶パネル直してみた

一家4人がiOS使いとなってしまったため、iPhoneが不足気味な今日この頃。

このため、タッチパネルの調子が悪いiPhone 4を復活させることにしました。

Img_6895

てことで、液晶パネルを買いました。

既に工具は持ってるんですが、工具がついてました。

今年の初め、iPhone 4Sの前面パネル交換修理をやった私に恐れるものはありません。

Img_6898

このプラスチックケースの中に液晶本体が入ってます。

Img_6899

裏には赤いフィルムが張られてますが、今にして思えば、これはがし忘れてそのままつけちゃいました。iPhone 4Sのときはちゃんとはがしたのに・・・

なにせ金麦飲んだ状態で、飲酒修理してました。相変わらずアフォですね。

Img_6901

ところで、3Mの両面テープらしきものが付いてたんですけど、結局使いませんでした、これ。

さて、iPhone 4のばらし方はこちらのサイトを参照。

【iPhone 4】 分解手順&修理 ~バッテリー、液晶、ホームボタン交換~ - NAVER まとめ

Img_6902

まずは、いつもどおり(?)裏蓋を開けます。

Img_6903

ここまではかつて既に通った道です。iPhone 4としてはここから先が未知の領域。

Img_6904

まずはバッテリーコネクタを外します。

このあたりのネジを緩めて

Img_6905

銀色のカバーのついてるコネクターをプラへらで外します。

Img_6906

この透明フィルムを引っ張るとバッテリーが外れるんですが・・・

iPhone 4Sのときはえらい硬かった記憶があるんですけど、今回はあっさりと剥がれました。

Img_6907

ただこのバッテリー、少々外装が不安にさせてくれます。

まあ、膨らんでいるわけじゃないので、いいんですが。

Img_6908

ここでSIMカードを外し忘れてる事を思い出して、外します。

Img_6909

で、この黒カバーのネジを2本外し

Img_6910

その下にあるコネクターをプラへらで引っぺがします。

Img_6911

プラへらの先にある丸い金色のコネクター(Wi-Fiアンテナ)も外します。

Img_6912

ここにあるネジを外して

Img_6913

上部の黒い大き目の金属カバーを留めている5本のネジを外します。

Img_6914

上の写真、へらの先辺りに黒カバーが引っかかってるので、これをはがしながらカバーを上にはがしていきます。

Img_6915

へらだとうまく取れなかったので、ピンセットを使用。こんな感じに取れました。

Img_6919

背面カメラの下にあるコネクタをはがすと、カメラが取れます。

Img_6920

本体真ん中あたりにあるこの白い丸。これネジなので、上に張ってある白いシールをはがしてネジを取ります。

Img_6921

カメラ横のロジックボードについている5つのコネクタを順にはがしていきます。

まずは上の写真のへらのあるところの2つのコネクターを写真上側に向かって外し

Img_6922

その右側にある3つのコネクタを下側に向かってはがします。

Img_6923

ここにはiPhone 4Sのときにも泣かされた2階建てネジの1階部分があります。

真ん中に穴が開いていて、プラスドライバーでは回せないため、マイナスの精密ドライバーを使って慎重に回します。

Img_6924

このネジを外したら

Img_6925

ロジックボードが取れます。

iPhone 4Sのときは、やたら細かい部品がぽろぽろ取れてたような気がしますけど、iPhone 4はシンプルですね。

Img_6926

ここのネジを取ると

Img_6927

スピーカー&マイクが取れます。

Img_6928

書き忘れてましたが、各部品・ネジの位置が分かるように、液晶パネルの入っていたケースに元あった位置に合わせておいておきました。

Img_6929

ここにある2本のネジを取ると、バイブが取れます。

Img_6930

さて、いよいよ液晶パネルをはがします。

まずは本体ケース4隅のネジを取り

Img_6932

こっち側だけ横向きですが。

Img_6933

そして本体ケース左右側にある3本づつのネジも取ります。

Img_6934

液晶パネルと本体ケースの間にへらを突っ込むと、こんな感じに剥がれていきます。

Img_6935

ぐるっと一周へらを差し込んでいくと、簡単に取れました。

Img_6936

本体上側にあるコネクターを傷つけないように、ゆっくりと抜いていきます。

Img_6937

さて、新しい液晶パネルをつけます。

私このとき赤い保護フィルム取り忘れました。まあ、使えちゃうんでいいんですけど。

Img_6939

とりあえず、傷つくといけないので液晶面の保護フィルムはつけっぱなしで作業します。

Img_6940

ケースと液晶パネルを押し付けながら、まず側面のネジを6本締め付けます。

ここで緩んでると、液晶と本体の間に隙間が出来たままつきます。

Img_6941

ついた。

Img_6942

ロジックボードをつけます。

Img_6943

そして、液晶パネルのコネクターをロジックボードにつけるんですが・・・

ここでトラブル発生

Img_6945

2つある液晶パネルのコネクターのうち、写真左側のコネクターが短すぎて

Img_6948

あと数mmというところで届きません。

すわ、不良品か!?

と思ってパネルを外したら、フレキが本体と液晶パネルの間に巻き込まれてました。

Img_6949

フレキを伸ばして、もう一度付け直したらちゃんと届きました。

あせりますねぇ。

Img_6950

あとはひたすら逆順につけていくだけ。

保護フィルムがつきっぱなしで、ところどころ赤い色が見えるのが(今にして思えば)気がかりですが

Img_6951

くみ上げて電源オンしてしまいました。

Img_6952

あとは液晶面の保護フィルムをはがして完成。

Img_6953

ちゃんとスクロールします。修理は成功です。

iPhone 4Sのときも2時間かかりましたが、今回少し手順が少ないわりに同じ時間かかってます。やっぱり酔っ払いながら&フレキ巻き込みによるやり直し が効いたようで。

ところでこの液晶パネル、なんというかちょっと青っぽいんですよね・・・あと画面下側に色むらがあり。まったく純正品と同じとは行かないようです。

さて、復活させたiPhone 4の使い道ですが。

妻用のiPhone 4Sのバックアップ機にしようかと思ってます。

妻的にもiPhone 4Sと同じような大きさだし、アプリもコンテンツ(動画・音楽)も揃えておけば使ってくれるかなぁと。

こうして一度は退役したiPhone 4が復活です。

今でも中古で1万円以上で売られてるんですよね、iPhone 4。中古を買う事を考えたら、2千円ちょっとで修理して使ったほうがお得です。

iPhone4 タッチパネルガラス&液晶パネル(ブラック)

« iPhone用外付けメモリードライブ”Gmobi iStick” | トップページ | スマホを充電できるマウス »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/60191607

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 4の液晶パネル直してみた:

« iPhone用外付けメモリードライブ”Gmobi iStick” | トップページ | スマホを充電できるマウス »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ