« Pentium G3258にいろいろなCPUクーラーつけてテストしてる記事 | トップページ | アロマオイルの香りが楽しめるiPhoneケース »

2014年7月12日 (土)

ガンダム大地で動く!?原寸大ガンダムの可動プロジェクト始動

Gundam01

アムロ「こいつ・・・動くぞ!?」

お台場のガンダムでもびっくりでしたが、今度は”可動”を目指しているようです。

実物大ガンダム立像がついに可動か!?世界中の叡智を結集したプロジェクトが始動 - 週アスPLUS

公式サイトはこちら : ガンダムGLOBAL CHALLENGE

原寸大ガンダムを動かそうというプロジェクトが始動し、ガンダム誕生40周年となる2019年までに建造しようという計画だそうです。

7月下旬よりアイデア募集開始、来年の秋ごろにはどのアイデアを使うかを確定するそうです。

可動といっても、さすがに歩いてはくれないでしょうね。18メートルという、4〜5階建ての建物並みの大きさのものがうろうろするのは危ないでしょうから、許可が下りないんじゃないかと。

上半身を動かすのが精一杯かもしれません。それでもすごい話なんですけどね。

でもやっぱりガンダムファンな私としては、ぜひ歩いて欲しいと願うばかり。何とか出来ませんかねぇ、2足歩行。できれば、ザクと一緒で。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス

« Pentium G3258にいろいろなCPUクーラーつけてテストしてる記事 | トップページ | アロマオイルの香りが楽しめるiPhoneケース »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

 ガンダム級の歩行ロボットの主な問題点は、関節強度を確保できないことにあった。それは、奇しくも半世紀以上も謎とされていた、トライボロジー分野でいわれてきた境界潤滑低面圧損傷問題である。これにたいし、ダイセル、特機開発部門の首席技師、久保田邦親博士はメカニズムを解明し、炭素結晶の競合モデル、CCSCモデルとして提案、ブレークスルーの方向性が見えてきた。これは、機械工学全体に恩恵をもたらすものと、識者らは話している。

こんにちは、ナノベアリングさん。

このプロジェクト、実現に向かって欲しいですね。ただ他にも障害がありそうで、重さと強度の関係もありそうな気がしますね。あれだけの大きさを保てる強度を維持しようとすると、結構な板厚になって、その分重量が増えて強度が必要になり・・・というイタチごっこが始まりそうです。

 ご明察、その原因を博士は潤滑油が高面圧で摺動されてダイヤモンドが出来ないメカニズムを導入することでもっとスマートなトライボロジーシステムができると考えておられるようです。金属の相手材は樹脂というのがトライボシステムの基本としてあるべきだとしてプラスチックスメーカーのダイセルに移籍したのかもしれません。

 たぶん、ダイセルの関連会社のポリプラスチックスのジュラコンに目をつけて移籍されたとの説が濃厚です。ダイヤモンド理論から考えてもそれが説明しやすい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59960332

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム大地で動く!?原寸大ガンダムの可動プロジェクト始動:

« Pentium G3258にいろいろなCPUクーラーつけてテストしてる記事 | トップページ | アロマオイルの香りが楽しめるiPhoneケース »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ