« 総務省が来年にも原則SIMロック解除の方針 | トップページ | タイプライターのようなキーボード »

2014年7月 1日 (火)

気分はJAXA!?人工衛星の打ち上げ・軌道投入ゲームアプリ”SPUTNIK Panik”

当たり前の話ですが、人工衛星ってほいほい打ち上げてるようで、軌道に乗せるにはかなり大変なようです。

ただ打ち上げただけでは長楕円軌道になってしまい、時々地球と交信できるだけの使い物にならない衛星になってしまいますし、かといってゆっくり打ち上げると地上に激突するし。

そんな気分を味わえるiOS版ゲームアプリがあります。

Sputnik Panik on the App Store on iTunes

Img_5599

”Sputnik Panik”(スプートニク パニック)というアプリ。無料。

Img_5600

下にあるボタンを押すタイミングだけでロケット打ち上げ、衛星投入を行うというアプリ。

打ち上げから軌道投入までボタンは2回押します。それぞれ1段目、2段目の燃焼のタイミングで投入できるかどうかが決まります。

Img_5601

まずロケットが地上に現れます。ボタンを長押しすると打ち上げ。

押し時間が足りないと地上に激突

Img_5603

かといって惜しすぎてると外縁部(星が並んでるところ)に達し、ロケットごと破壊されてしまいます。

Img_5606

一段目だけでなく、2段目の燃焼もうまいタイミングでオン/オフしないと軌道に乗ってくれません。

Img_5604

いい感じに起動に乗ると衛星になります。

Img_5605

こうして軌道上に衛星を増やしていくんですが、数が多いと今度が衝突が起こります。

ぶつからないようにうまいタイミングで投入し、どこまで衛星が増やせるかがこのゲームの目的です。

Img_5610

なお、私は今のところ最大11個でした。このあと連鎖的に衝突して一気に7個くらいまで減少したんですが。

このゲームやってると”王立宇宙軍 オネアミスの翼”を思い出しますね。

コンピュータグラフィックも無い時代によくまあこんなに細かい描写を出来たものだと感心します。ロケットの打ち上げシーンは圧巻ものです。

どちらかというとこっちのロケットはイプシロンに似てるんでしょうが、いずれにせよ、軌道投入の難しさを体感できるなかなかいいアプリですね。

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [DVD]

« 総務省が来年にも原則SIMロック解除の方針 | トップページ | タイプライターのようなキーボード »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59577116

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はJAXA!?人工衛星の打ち上げ・軌道投入ゲームアプリ”SPUTNIK Panik”:

« 総務省が来年にも原則SIMロック解除の方針 | トップページ | タイプライターのようなキーボード »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ