« ワンコイン(480円/月)で使えるMVNO SIM”ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード” | トップページ | リアル”機関車トーマス”が大井川鉄道に登場 »

2014年7月 6日 (日)

iPhoneやビデオカメラで撮った画像がさかさまになったときの修正方法(Windows)

先日、Raspberry Pi戦艦大和をiPhoneで撮影しました。そのとき起こった不具合の対処法を書いておきます。

iPhoneのカメラを使って撮影する場合、音量ボタンの+が録画/停止ボタンになるため、このボタンが上になるように撮影してしまうんですが。

Wlmmkrrev01

Windowsパソコンのメディアプレーヤーやムービーメーカーで再生・編集しようとすると、こんな風に逆さまになってしまいます。

Quick Timeで再生すると正しい向きで再生されるんですが・・・Apple標準じゃないソフトには冷たい仕様になっているようですね。

このほか、縦長の動画を撮るためにデジカメを縦にして撮影したら、90度回った動画が撮れちゃったりすることもあり、動画の向きを直したいというシチュエーションは多々あるようです。

この90度、180度回ってしまった動画を無料ソフトで簡単に直す方法があります。

それは「Windows Live ムービーメーカー」を使うというもの。

Wlmmkrrev02

Windows Live ムービーメーカーの「ホーム」タブ画面のこのあたりに、左・右に90度回転させるボタンがあります。

回転させたい動画を選び、このボタンを押して90度、180度回してやれば、元のむきに戻すことが出来ます。

あとは左上のメニューボタンから「ムービーの保存」を選び、動画を出力すればOK。

WindowsムービーメーカーをXPの時代から使ってますが、Liveムービーメーカーになって一段と機能が豊富なりましたね。

下手な有料ソフトを買わなくても、これだけでもかなり本格的な動画編集・フォトムービー作成が可能です。

編集した動画は直接YouTubeなどにアップロードすることが可能。ネット用動画なら手軽に作成できます。

市販のソフトに劣るとすれば、メディアの書き込みが苦手なことでしょうか?

DVDへの書き込みは出来るようですが、BDはサポートしてないようです。このあたりは市販ソフトが必要ですね。

iPhoneの動画がひっくり返ってしまった orz と残念なことになってしまったときは、ぜひWindows Live ムービーメーカーを使って戻すことをお勧めします。

すぐに使えるWindows ムービーメーカー

« ワンコイン(480円/月)で使えるMVNO SIM”ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード” | トップページ | リアル”機関車トーマス”が大井川鉄道に登場 »

iPhone」カテゴリの記事

デジタル一眼レフ」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59903787

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneやビデオカメラで撮った画像がさかさまになったときの修正方法(Windows):

« ワンコイン(480円/月)で使えるMVNO SIM”ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード” | トップページ | リアル”機関車トーマス”が大井川鉄道に登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ