« 新型のiPhoneは9月19日発売 名称は4.7インチ版が”iPhone 6” 5.5インチ版が”iPhone Air”か!? | トップページ | iPhoneが人工すい臓に??血糖値をコントロールできるデバイス »

2014年7月 9日 (水)

この夏も恒例”HPCキャンペーン”

普段はiPhone/iPadなどパソコンよりもさらにダウンサイジングされた機器を使っているものの、”HPC”(ハイ パフォーマンス コンピューティング)な世界への憧れを忘れたわけではありません。

Img_6212

で、この夏も会社にこんなパンフが送られてきました。

日本HPのサーバー・ワークステーションを取り扱っているSCSKでは今、HPC夏先取りキャンペーンをやってるそうです。

[clubscs.com]HPC商品情報提供サイト SCSK株式会社

Img_6213

もっとも、扱ってるハードは百万円オーバーなハードばかり。個人で買うのはちょっと無理っぽい値段ですが。

なおこの130万円のマシンのスペックは、Xeon E5-2687W 3.4GHz、メモリーは64GB、15,000rpmな300GB HDD×2、NVIDIA Quadro K2000を搭載の水冷マシン。

Img_6215

基本的にはCADやプリポスト環境として使うハードですが、こんな構造解析ソフトを長時間安定して走らせることも可能です。

Img_6214

なお、解析ソフト専用サーバーも扱ってますね。

引き出しみたいなのがありますが、この一つ一つがさっきのワークステーション並みのものが入ってます(グラボ以外)。これを高速ネットワークでつないで使う”PCクラスタ”ってやつです。

最近はGPGPUやXeon Phiといったコプロセッサボード(Xeon Phiはチップになりつつありますが)を搭載できる事を売りにしているものが登場してます。

Xeonでは12コアまでのマルチコアタイプのCPUが登場したおかげで、かつてはクラスタシステムでないと出来なかった大規模解析も、デスクトップでも可能になりつつあります。

通常2CPUまで搭載可能なので、デスクトップ機1台でも最大24コア、メモリも512GBまで搭載可能。

つい数年前まではデュアルコアCPUだったので、24コアのシステムを組むには2コア×2CPUのマシンを6台組み合わせないと出来ませんでした。これがいまや1台でOK。

これまでは数千万円かかるクラスタシステムから、数百万円台のデスクトップ機でコンピューティングすると言う時代がもうすぐそこまで来ている感じですね。

その一方で、解析ソフトが相対的に高くなってきたという問題もあるんですが・・・構造解析分野だと、使われるCAEソフトはかなり限定されております。そろそろ日本発の、いいソフトが出てくれるといいんですけどね。

i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150

« 新型のiPhoneは9月19日発売 名称は4.7インチ版が”iPhone 6” 5.5インチ版が”iPhone Air”か!? | トップページ | iPhoneが人工すい臓に??血糖値をコントロールできるデバイス »

パソコン系」カテゴリの記事

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

うちにもXeon E5-2687W×2のマシンがありまして頻繁にブレーカーが落ちるという家庭ならではの問題に悩まされていましたが、とうとうコンセントが発火してしまい、完全に独立したPC専用のコンセントを用意しました。
これで心置きなくHPCを堪能出来ますが個人で使う解析ソフトなんてなかったですね…

クラスタ化に関してはデスクトップは8台あるので簡単にクラスタ化できるソフトとかがあれば良いんですが例によって個人で使えるようなものが無いんですよねぇ…

こんにちは、もみじさん。

うらやましいですね、Xeonマシン。一度は所有して見たいものです。

フリーのクラスタ解析アプリとしては、この記事にも出ているADVENTUREというのがあります。ただ、やっぱりサポートなしで使うにはかなり大変なようで、このSCSKのように(多分有償で)サポートするところがあるようです。

私が知ってる会社で、このブログのリンクにもあるイワタシステムサポートでも扱ってるようです。

http://www.iwata-system-support.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59936093

この記事へのトラックバック一覧です: この夏も恒例”HPCキャンペーン”:

« 新型のiPhoneは9月19日発売 名称は4.7インチ版が”iPhone 6” 5.5インチ版が”iPhone Air”か!? | トップページ | iPhoneが人工すい臓に??血糖値をコントロールできるデバイス »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ