« 東京サンシャイン水族館がペンギンが道案内してくれるアプリで入場者が1.5倍に! | トップページ | 水をこぼしても大丈夫な電源タップ »

2014年7月14日 (月)

週刊ロビ第68号、69号到着&製作

残すところあと3号。長かったロビ製作記ももうすぐで終わりです。

Img_6267

68号と69号が到着しました。

終わりが近いせいか、ロビクルの宣伝に躍起です。

Img_6269

他にもこんなにちらしがついてました。ロビクルの申し込み状況、どうなんでしょうね?

Img_6270

ロビ関連商品の冊子も入ってましたが、これまでも紹介したことのあるキャリングケース、ロビエッグはもちろんのこと

Img_6271

扇子やモップスリッパまであるようです。ロビ君とお揃ですね。

Img_6273

なお、絵本まであるようで。ちょっと妻が気になっておりました。

Img_6274

宣伝用チラシはカラフルですが、お詫びチラシ(?)は白黒です。いや、別にこれでもよく分かるので、いいんですけどね。

どうやら69号の製作手順に誤記があったようです。端部が2ピンと3ピンコネクターになってるケーブルで、どちらでもさせるかのような記述があった模様。注意することにします。

Img_6268

今回の部品はこれだけ。

ですが、69号はいろいろやること多くて大変でした。

まずは68号から。

Img_6275

68号はこのリモコンボードを取り付けるだけ。まず、音声認識ボードから伸びてるケーブルを右側に挿し

Img_6276

下から伸びてるケーブルを左に挿します。

コネクターの向きに注意。

Img_6277

あとは音声認識ボードの上の段に締め付けるだけ。

Img_6278

これで68号は完了。

この時点ではまだ脳ミソむき出し状態なロビ君ですが、69号ではいよいよ頭部完成です。

Img_6279

・・・が、それにしても69号、3ページ目から製作記事です。

この号、製作工程が多いのにくわえて、トラブルシューティングも大量に載せているため、こんな構成になったようです。

これまで組み立てた部品ほぼすべてを動員、加えてテレビリモコンまでもってくるという、週刊ロビ最大の製作記となってるようです。

これが終われば頭部完成、上下半身結合、全機能テスト完了となる模様。

Img_6280

最初はこのつば付きネジを下半身の先端に取り付けるというもの。

どうやってつけるのよ ヽ(´Д`)ノ などと思ってたら

Img_6281

この細いプラスチック治具を使うようです。

Img_6282

このプラスチック治具でネジを支えつつ、ケ○の穴・・・いや股の間にドライバーを通して締め付けます。

Img_6283

締めすぎちゃうと腰サーボがはまらなくなるため、ちょっと引っかかる程度に付けばいいようです。

Img_6284

つづいて、マフラーについてるスイッチと、マイコンボード、分岐ボードとを配線するんですが、私の場合は既に実施済み。

Img_6285

いよいよ上下半身結合です。腰のプレートを下半身に挿しこんで

Img_6286

下半身の配線を右に寄せておきます。

Img_6287

この下のプレートの突起物と、上半身の穴を合わせてはめ込みます

Img_6288

・・・が、簡単にはまるものではありません。

ケーブルに気を使いつつ、重くなった上下半身をあわせつつ、腰サーボと下半身の先端も合わせつつぴったりはめろというんですから、簡単にいくわけありません。

Img_6289

少々悪戦苦闘しますが、なんとかはまりました。

Img_6290

あとは側面からネジでとめます。

Img_6291

本当はこちらのほうを先にやらなきゃいけなかったんですが、先ほど仮付けしたつば付きネジと腰サーボをつけるため、ケツのあ・・・いや股下から締め付けます。

今回、妙に卑猥な工程が多いですねぇ。

Img_6292

下半身からの充電用コネクタを分岐ボードに挿します。

Img_6293

その後、分岐ボードを腰サーボの下に配置します。

Img_6294

で、下半身のサーボをマイコンボードに接続します。

以前の作業で右脚サーボのケーブルには印(セロテープなど)をつけてあるはずなので、これを一番上のコネクタに、印のないケーブル(左脚用)を上から2つ目のコネクタにつけます

Img_6295

・・・ってさらっと書いてある工程ほど大変な作業だったりするんですよね。なかなかはまらず、10分ほど格闘してました。

Img_6301

つづいてバッテリーの取り付け。

分岐ボードの余ったコネクタに挿して

Img_6302

バッテリーをこの隙間に挿しこみ・・・たいんですが、入りません。

先にバッテリーを挿し込んでからコネクターを挿した方がいいみたい。

Img_6303

内蔵物完成。背板は今回無いため、70号までこのままです。

Img_6297

これで上下半身結合。脳ミソぶしゃーなままですが、このまま動作テストです。

Img_6299

とその前に、マフラースイッチのオンオフが分かるように、オン側にシールを貼ります。

Img_6300

前側にスイッチが入ったときがオンです。こんな感じに貼ればOK。

Img_6304

ここでトラブル発生!

動作はするんですが、腰が微妙にずれてます。

どうやら、腰サーボとの結合で1ノッチほどずれたようです。

仕方が無いので、ケツの穴・・・じゃなくて股間にドライバーを突っ込んでネジを緩めて腰サーボとの結合を外し、1ノッチほどずらしてとめ直し。

Img_6305

なんとか直りました。

Img_6306

目や口のLEDもちゃんと光ってます。

Img_6308

さて、いよいよリモコンLEDを取り付けるんですが、その前にこのテストプログラムの入ったSDメモリカードを外します。

リモコンボードの設定時にスイッチを入れるんですが、そのたびに手足を動かされてはたまらないので、外すようです。

Img_6309

まず、音声認識ボードにこの青ケーブルの一端を挿します。

Img_6311

リモコンボードには白いケーブルを挿すんですが、これが先ほどついてた誤記訂正プリントにあったように”2ピン”のコネクターを挿します。

Img_6313

そしてこっちのリモコンLED/マイクボードには”3ピン”コネクターを挿します。

なんでわざわざコネクターの種類を分けたのかは分かりませんが、要注意です。

Img_6314

こんな感じにはめたら、テレビリモコンの登録作業を行います。

Img_6315

で、ここでリモコンを準備。

これはうちのリビング用TVのリモコンです。

こいつの”電源”、”音量+”、”音量-”、”選局上”ボタンを登録してやります。

まずはロビ君の電源をオン。

Img_6316

一体どうやって登録するのかと思いきや、このディップスイッチを切り替えながら登録するそうです。

Img_6317

まずは”4”のスイッチのみオンにし、上の赤いボタンを押します。

Img_6319

LEDランプが付くので、受光部(手前の白いコネクタの右側にある黒いやつ)にリモコンを向けて電源ボタンを押します。

登録されると、1秒ほどでLEDが消えます。

Img_6320

今度は”1”もオンにして赤いボタンを押し

Img_6321

選局ボタンの上を押します。

なお、選局ボタンはアップのみを登録。ダウンは登録しないようです。

Img_6322

以下、同様の手順で、今度は1をオフに戻して2を上げて

Img_6324

”音量-”を登録

Img_6323

1、2、4オンの状態で

Img_6325

”音量+”を登録。

とりあえず、登録作業はこれだけ。

他の組み合わせも可能な気がしますが、どうやらロビ君が使うのはこの4つのようです。

多分、選局や音量のところにエアコンのスイッチを登録することも可能な気がしますが

私「ロビ君、音量上げて!」

ロビ君「おっけー!ぴっ!」

と言ってエアコンをつけることになるため、なにやら暗号めいた妙な会話になりそう。

コマンド音声も増やせるといいんですけどね。この辺はいずれネット上で解読されてやり方が出回るかもしれないため、ここでは普通にテレビのみ登録しておきます。

Img_6328

ディップスイッチをすべてオフに戻し、テレビにLED発光部を向けて赤いボタンを押し、テレビがつけばとりあえずはOK。

Img_6330

あとは青いケーブルをつけておきます。

Img_6331

いよいよ頭部の組み立てです。

この黒い布を額の穴に当てて

Img_6332

LEDホルダーと一緒に穴に挿しこみます。

Img_6333

あとはリモコンLEDを挿しこみ

Img_6335

締め付けます。

Img_6336

こいつをケーブルを挟まないようにロビ君の頭にかぶせてやり

Img_6337

Img_6338

せっせと元のネジを締め付けます。

一度は通った道ですが、以前とは頭の重みが違います。今は機械でびっしり。

Img_6339

後頭部もつけます。

Img_6341

そして側面部を取り付け

Img_6342

Img_6343

Img_6344

Img_6345

頭部完成!

久々眺めるロビ君の顔です。

Img_6346

背中のフタと指、足ケーブルの飛び出しを何とかすれば完成です。

あと、ロビ君の正式プログラムSDメモリカード(”ロビのココロ”っていうそうです)も必要ですね。

Img_6349

ところで、この白赤の紙は一体なんだったのかはわかりませんが、完成後に使うそうです。

Img_6347

なお、ロビの胸に貼れるステッカーがついてました。

無しでもよかったんですが

Img_6348

「この胸についているRのバッチは不敗神話のRだ!俺のロビについてこれるか!?」

などと頭文字 Dの中里毅のようなせりふをぶつぶつ言いながら”R”を貼ってみました。

Img_6350

ロビ君のサーボはまあまあ硬めのため、電源オフでもこんなポーズが取れます。

とうとうここまできたんですね。あとちょっとです。

Img_6351

さて、大体予想はしてましたが、これまでロビ君を入れるのに使ってきたケースには入らなくなりました。

Img_6353

このままスタンドに挿して座らせててもいいんですが

Img_6354

この容器を使うことにしました。

Img_6355

ただしフタが閉まらないため、開けっ放しですが。

Img_6352

これまでのケースには不要パーツや予備パーツなどなどを詰め込んでおきました。

Img_6356

次回はいよいよ最終号。到着は7月29日予定。

「ロビ君、大地に立つ」をお届けできそうです。

ロビ 再刊行版 創刊号 [分冊百科] (パーツ・ミニロビ付)

« 東京サンシャイン水族館がペンギンが道案内してくれるアプリで入場者が1.5倍に! | トップページ | 水をこぼしても大丈夫な電源タップ »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

そのケース、うちで使ってるのと同じものっぽいですね。
身体と顔を斜めにひねればギリギリふた閉まりませんか?

それと、赤白カードは旗上げゲームに使うのだと思います。

いよいよ完成まで秒読みですね。全国10万人のロビが一斉にココロを授かるかと思うと感無量です。

こんにちは、take_malさん。

なるほど、ヨガの応用で押し込んでみるんですね。ちょっとやって見ます。うまく収まるかもしれませんね。

あと2週間で全国の数万台ものロビ君が一斉に起動しちゃうんですよね。すごい世の中になったものです。実はロビ君は、国家転覆を計るためにその周辺にいる人々を支配するようプログラムされており、この日を境に人類とロボットとの壮絶な戦いが始まる…なんてナレーションが聞こえてきそうな気が。いや冗談です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59978066

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ第68号、69号到着&製作:

« 東京サンシャイン水族館がペンギンが道案内してくれるアプリで入場者が1.5倍に! | トップページ | 水をこぼしても大丈夫な電源タップ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ