« Windows Phoneで3Dスキャンできる技術をMS社が開発 | トップページ | Raspberry Piによる戦艦大和プラモデル ラジコン化 完結編 - 抜錨!大和 外洋(洲原池)に向け発進! »

2014年7月 3日 (木)

スマホで3Dデータを取り込めるサービス”Rendor”が7月開始か

MS社の出した3Dデータ取り込み技術に似てますが、既存のiPhone/Android端末を使って3Dデータを取り込めるサービスが7月中にも始まるようです。

3Dスキャンに革命!?スマホでデータを取り込めるRendorが間もなく登場 | Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

”Rendor”というこのサービス、無料アプリとグリッド線の書かれた紙を使い、対象物をその紙の上においていろんな角度から撮影し、そのデータをサーバーにて処理し、データをメールにて送付してくれるというものだそうで。

グリッド線の書かれた紙はサイトよりダウンロード、または無料アプリから印刷可能だそうです。

なお、公式サイトは以下。

Replica Labs Inc.

今はベータ版サービスのみ展開されてるようです。

印刷された紙以上のものは認識してくれなさそうなので、人物のような大きなものは取り込めないでしょうが、お手軽な3Dデータ作成ツールとしては使えそうなサービスです。

パーソナル3Dプリンタ ダヴィンチ da Vinci 1.0

« Windows Phoneで3Dスキャンできる技術をMS社が開発 | トップページ | Raspberry Piによる戦艦大和プラモデル ラジコン化 完結編 - 抜錨!大和 外洋(洲原池)に向け発進! »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59896923

この記事へのトラックバック一覧です: スマホで3Dデータを取り込めるサービス”Rendor”が7月開始か:

« Windows Phoneで3Dスキャンできる技術をMS社が開発 | トップページ | Raspberry Piによる戦艦大和プラモデル ラジコン化 完結編 - 抜錨!大和 外洋(洲原池)に向け発進! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ