« Raspberry PiのSDメモリーカードをEeePC(Ubuntu 14.04 LTS)で編集してみた | トップページ | iOS 8が正式発表:IME/TouchIDの解禁など »

2014年6月 3日 (火)

シャープX1Cの記事に・・・

AKIBA PC Hotlineに”X1C”の記事が出ておりました。

シャープ X1C (レトロな○○ギャラリー) - AKIBA PC Hotline!

私がX1Fを買ったときには、パソコンショップの片隅に置かれていたのを目にしたくらいなのですが、X1にしてはめずらしい筐体(キーボードと一体型)だったため一度目にしたら忘れられないモデルでした。

・・・という昔話はともかく、この記事、よーくみると実はとんでもない事実が!

オプションのグラフィックRAMを増設していること?未だにカセットレコーダーが稼動可能なこと?いやいやそれはそれですごい事実ですが、もっととんでもないことが最初の写真に出ております。

それは液晶モニターを使ってることなんですが。

一体、これのどこがとんでもないことなのか?

これほどの旧機種の信号を映し出せる液晶モニターって、実はもうほとんどというか、まったくないのが現状。

なはずなのに、こうしてX1の画像を映している液晶が出ております。

よく記事を読むと、このモニターは”RDT202WLM”という三菱電機製のモニタ。

解像度は1600×900のフルHDではない横長液晶。

記事中には「製品の仕様範囲を超えた使い方ですので真似をしてはいけません」などとかかれてますが・・・いや、ぜひ真似したいですね(笑)

もうX1のモニターなんて入手不可能な状態。

USBキーボードをX1でも使えるようにするアダプターなどが売られていますが、これと同様にモニターも使えるようにしたいところ。

そんな願いをあっさりとかなえた事例がいきなり目の前に登場。

つなぎ方を教えて欲しいですね。この同型のモニターが必要なら入手してでもX1用モニタを確保したい、というのが私の願いです。一体、どこに聞けばいいんでしょうね・・・

X1 TURBOへUSBキーボードを接続する変換機 USBKeyboard to X1TURBOKeyboard Comverter

« Raspberry PiのSDメモリーカードをEeePC(Ubuntu 14.04 LTS)で編集してみた | トップページ | iOS 8が正式発表:IME/TouchIDの解禁など »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

素人が手を出せるのは、マイコンソフト製のFRAMEMEISTER(フレームマイスター)というアップスキャンコンバーターを
利用する方法でしょう
http://www.micomsoft.co.jp/xrgb-mini.htm

あと、レトロPCオーナーなら誰もが知る有名な情報源といえば、
http://cwaweb.bai.ne.jp/~ohishi/zakki/ScanConv.htm
でしょうね(ちなみに記事中のMZ-800は、MZ-1200の海外向けモデルです)

このセンチュリーのモニターは普通にAmazonでも売ってますから、あとは変換ケーブルを自作するだけで繋がりそうです

三菱の"RDT"系は、15KHzが映る機種がある事で有名です。
但しシリーズ全機種で映る訳では無いですし、入力信号も単純なD-SUB15ピンのままでは駄目な事が多く、充分な情報集め、または人柱の覚悟が必要でした。

ご存じかとは思いますが、三菱は液晶モニターから既に撤退していますから、新機種は勿論存在しませんし、旧型の新品自体の入手も困難と思われます。
以前私が書いた「業務用モニター」の件も、その都合で手に入れることにした代物です。

いずれにしても、ケーブルの自作or加工が可能な方への依頼は必須ではないでしょうか。
流石にデジタルRGB→アナログRGBってのはやった事が無いので、よくは分からないのですが、あの時見つけた以上の情報は、なかなか見つからないんじゃないかと…


>マジック144点灯 さん
FRAMEMEISTER は、表示遅延を限りなく"0"に近づける事を目標に、その名の通り「1フレームでも速く」を目指して開発されました。
要はシューティングやアクションゲームなどの、入力遅延が命取りになるゲームを映す事に向いています。

その代わりある程度接続機器を制限するような仕様になっており、出力はHDMIのみ。入力もHDMI以外ではビデオ信号類と21ピンRGBに限られています。
つまり元々15KHzの、コンシューマ機器を繋ぐ事を前提にしていて、旧型PCなどに多いD-SUB15ピンタイプなどは変換の変換が必要だったりします。

よほど極端なフレーム速度が必要なければ、同じマイコンソフトでも、汎用性のあるXRGB-3(こちらでもそれなりの速度は出ます)の方が勧められると思うのですが、如何でしょう。
http://www.micomsoft.co.jp/xrgb-3.htm

緋呂々 さま
ご丁寧に説明いただき有り難うございます
大変勉強になりました

XRGB-3を候補から外した理由は、入手性の悪さです
一部店舗で「取り寄せ」となっていますが、肝心のマイコンソフトに在庫が無いようなので、おそらくNGだと思われます
オークションで、というのが絶版機オーナーの基本ではありますが、一方で新品で長期間使えそうなものがあるならば、そちらを優先すべきとも考えております

過去に中古のディスプレイを購入した結果が芳しくなかったので、そうした経験則から、入手性がよく、安価で使い回しが利く、センチュリーのモニターがよろしいのでは?というのが私の結論です
(信号線はR・G・B、HSync、VSync、GNDを繋ぐだけなので、自作は難しくないと思います。プルアップや、コンデンサーを挟んだりする必要はないはずです)

こんにちは、緋呂々さん、マジック144点灯さん。

随分と濃い議論となっておられますが、いろいろな方法があるようですね。ただし、いずれもやはりある程度乗り越えないといけない壁があるようですね。

思えばMZシリーズも8ピンRGB使ってるものもあるわけで、これ用のアップスキャンコンバータを作ればある程度需要はありそうですね。どこか作ってくれないかなあと他力本願な私は思ってしまうんですが…やっぱり自分で作るしかないんでしょうかね…

たまたま通りががりました、情報源の発信元です。
件の記事を下の方まで読むと書いてありますが、私が買ったセンチュリーのLCD-10000V2はX1の15kHzの画面を映すことができません。同じセンチュリーのLCD-8000Vがおすすめです。
ケーブルはデジタルRGB信号が5V系なので直結するとストレスでモニタが故障するかもしれませんので、色信号だけ150Ω程度の抵抗を噛ましておいたほうがいいと思います(シャープ純正変換ケーブル・AN-1508/1506での方法)。

ちなみに、以前紹介されてましたX1用USBキーボードアダプタが発売開始されております。私も速攻で購入しました。
http://www.runele.com/ca2/29/p-r-s/

こんにちは、Oh!石さん。

わざわざのコメント、ありがとうございます。変換ケーブルがあれば、今でもなんとか対応モニターが入手できるんですね。

うちのX1Fは今のところモニター、キーボード共に健在ですが、これらもいずれ寿命を迎えそうです。キーボードはアダプタが出たためなんとかなりますが、なんとかモニターの確保をしたいところ。こちらばかりはどうしても敷居が高いですね。

あけましておめでとうございます。

http://www.ysol.co.jp/hdmi/converter/cypress/cp264.html
自分で作るならば、下のリンクの参考回路4ですが。たぶんほぼ同じ回路…
http://elm-chan.org/works/yuv2rgb/report_j.html

これを使うとその辺の液晶TVに15kHzのRGB信号をD端子(色差っていうんでしょうか?)に変換して送ることができますよ。下手な専用モニタ買うよりオススメです。
X1側は純正のデジタルRGB→アナログRGB変換器もありますし、ググればたぶん回路も出てきますよ、たぶん。他の方のコメントにもありますが…
http://www.x1center.org/x1crt/crt31k.htm

D1の規格に対応している液晶TVは結構あるのではないでしょうか。

ちなみに上記変換器は大体1万円くらい。
リンク先はCypressの国内代理店になるのでしょうか…
入手性も意外と(?)悪くない。

あとは相性問題ですが、そこは出たとこ勝負ですかね…

こんにちは、通りすがりさん。

D端子ならうちの自宅のテレビもまだありましたね。これは使えそう。ありがとうございます。

ただしやっぱりちょっとハードルが高いですね。だれか製品化してくれないかなぁなんて泣き言いってちゃいけないんですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59731450

この記事へのトラックバック一覧です: シャープX1Cの記事に・・・:

« Raspberry PiのSDメモリーカードをEeePC(Ubuntu 14.04 LTS)で編集してみた | トップページ | iOS 8が正式発表:IME/TouchIDの解禁など »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ