« au MVNOの「mineo」はどんな端末で使えるのか!? | トップページ | 25ドル(約2500円)で買えるFirefoxスマホ »

2014年6月17日 (火)

Raspberry PiをL-02C+IIJmioでつないでみた

結論から言いますと、当初のもくろみは果たせなかったんですが、一応L-02C+IIJmioプリペイドパックによる接続できたんで、記事にしておきます。

ちょうど1年ほど前にIIJmio 再びでも購入したIIJmioプリペイドパックを購入しました。

Img_5767

今回のプリペイドパックはnanoSIMにしました。SIMにおいては”小は大を兼ねる”なので。

ただし、今回はおまけ付き。

Img_5768

これはL-02Cというデータ通信専用アダプタ。

Raspberry Piで使うために買ったのは言うまでもありません。

さて、とりあえず通信アダプターは置いておき、まずはIIJmioプリペイドパックを開通させます。

付属のカードにある電話番号(0120ではじまるやつ)にかけて、カードにある電話番号とコードを打ち込むとすぐに開通。

開通したかどうかをチェックするため、iPhoneにぶち込んでみました。

Img_5939

iPhoneの場合、付属の紙にあるQRコードを読み込ませると、設定のダウンロードサイトに飛びます。

Img_5940

iPhoneのSafariでAPN構成プロファイルをダウンロードすると以下のような画面に。

Img_5941

”インストール”をタップすると設定完了。

Img_5942

・・・なんですが、うちのiPhone 5sでやったら通信できません。

このとおり、3G表示(MMS非対応のSIMではLTE通信は不可)にはなるんですが。

理由はおそらく、プロファイルが複数登録されているため。

元々のドコモのプロファイルを消せば通信できるんでしょうが・・・

元に戻すのが大変そうなので、iPhone 5sでの通信はあきらめました。

Img_5944

というわけで、ディズニーランドでも大活躍のSIMロックフリー版iPhone 4Sでテスト。

こちらは元々IIJmioの接続設定がされてるためあっさり開通。

Img_5945

ただし、速度はやはり3Gです。まあ、しょうがないですね。

さて、今回はL-02Cで使うことが目的なので、テストはこの辺で置いておき、早速使ってみました。

Img_5769

なお、このL-02Cは標準SIMなので、ここにアダプターかまして入れます。

Img_5921

接続方法はこちらを参照。

Qaplaの覚書・メモ・備忘録・独言 Raspberry Pi をUSBモデムでインターネット接続

まず、あらかじめ2つのソフトをインストールしておきます。

sudo apt-get install wvdial

sudo apt-get install eject

”wvdial”はダイヤルアップ接続用ソフトですが、”eject”はその名の通りCD/DVD-ROMドライブをEjectするためのコマンド。なぜかこんなものが必要です。

というのもこのL-02C、Raspberry PiにつなぐとCD-ROMドライブとして認識されてしまいます。

これをEjectしない限りデータ通信モデムとして使えないという、なんとも不便な仕様です。

しかしまあ、そのおかげでというか安いんですよね・・・これ。

がんばって使います。

USBにこのL-02Cをつないで起動します。

Img_5946

左はL-02C、右はRaspberry Piです。

まるでダイオウグソクムシのようですが、Raspberry Piです。

起動したら、ejectコマンドを実行します。

sudo eject sr0

このあと

lsusb

と打ち込んで、L-02Cが一覧に出てくればとりあえずOKです。

モデムとして使えるように、次のコマンドを打ち込みます。

sudo modprobe usbserial vendor=0x1004 product=0x618f

このあと

cd /dev

ls | grep USB

と打ち込むと”ttyUSB0” ~ ”ttyUSB3”というデバイスが出てきます。

上のリンク先にはありませんが、このあと

sudo chmod 666 /dev/ttyUSB*

と実行しておきます。こうしないとせっかくマウントしたttyUSBが使えません。

使うのはttyUSB2だけなはずなんですけど、どういうわけか0~3までchmodしないと使えませんでした。謎です。

このあと

sudo vi /etc/wvdial.conf

として、wvdial.confを以下のように編集します。

[Dialer Defaults]

Init1 = ATZ

Init2 = AT+CGDCONT=1,"IP","iijmio.jp"

Init3 = ATQ0 V1 E1 S0=0 &C1 &D2 +FCLASS=0

Dial Attempts = 3

Stupid Mode = 1

Modem Type = Analog Modem

Dial Command = ATD

Stupid Mode = yes

Baud = 460800

New PPPD = yes

APN = iijmio.jp

Modem = /dev/ttyUSB2

ISDN = 0

Phone = *99***1#

Password = iij

Username = mio@iij

Carrier Check = no

Init~のあたりがリンク先とちょっと違います。うちではこうしないとうまく動かず。

なお、ダイヤルのところは”*99***1#”でも”*99#”でもいけました。

ここで

sudo wvdial

と実行すると接続できます。

Iijrspi01

というわけで、無事Raspberry PiはL-02C経由で接続できました。

めでたし、めでたし

とはならないんです!

残念ながら、上の画面が残念な結果を示しております。

local IP addressのところが”10.~”というので始まっているのが分かると思いますが。

これプライベートIPアドレスなんですよね。

IIJmioに限らず、ドコモ系MVNOってグローバルIPアドレスが割り振られないみたいなんです。

いや、正確にはMVNOに限らずなようで、私が調べる限り最近のモバイル通信はローカルIPアドレスを割り振ってるのがわりと普通なようです。

L-02CとIIJmioのセットでやりたかったことは

ずばり

”戦艦大和の遠隔操作”

だったんですが

グローバルIPアドレスが割り振られなければ

外部からRaspberry Piのサーバー(Webiopi)に接続することは出来ず

この通信アダプタを通じての遠隔操作は不可能

ってことになります。

せっかくのWebiopiのサイトが開けなければ、操作が出来ません、うちの大和。

もうちょっとちゃんと調べておけばよかった・・・

せっかくL-02CとIIJmio買ったのに、無駄に終わりそうです。

仕方がないので、iPhone 4Sに入れて妻にでも使ってもらおうかと考えてます。

Raspberry Piをドコモ回線につなぐことに成功したのに、このブログらしいずっこけっぷりで幕を閉じてしまいました。まあ、こういうこともあるということで。

大和の遠隔操作方法はまた別の方法を考えることにします。

【白ロム】ドコモ L-02C Xi対応USBデータカード レッド

« au MVNOの「mineo」はどんな端末で使えるのか!? | トップページ | 25ドル(約2500円)で買えるFirefoxスマホ »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
私がやりたいようなこと(mvno simによるサーバー)
をやっており、参考にしたいと思い見させてもらいました。

グローバルIPで挫折したようなのですが下記によるとiijmioのipv6アドレスはグローバルアドレスが
割り当てられるようです。また動作確認端末にL-02C、プリペイドパックのipv6対応も確認できます。

高速モバイル/DのIPv6について
https://www.iijmio.jp/guide/outline/ipv6/ipv6_access/ipv6_lte/

というわけでwvdial, Webiopiがipv6対応していればなんとかなりそうな気がします。


こんにちは、通りすがりさん。

なるほど、IPv6がありましたね。ありがとうございます。

で、Raspberry PiをIPv6対応にするのはあっさりと終わりましたが、PPP0をIPv6対応にするのはなかなか至難の業なようで・・・英語サイトと格闘してます。

ちなみにOCN モバイルONEならばグローバルIPが割り振られてるそうなので、そちらに乗り換えればあっさりと夢が実現してくれそうです。お金はかかりますが、こちらに行ってしまうかもしれません。

ngrokというソフトウェアを用いることで外部にトンネルを構築することができます。どうぞご確認ください。
http://liginc.co.jp/web/programming/156484

こんにちは、椛川さん。

これは便利そうですね。Raspberry Pi上で動かせればIIJmio SIMでもサーバー化できますね。

ちょっと今は下火になってますが、Raspberry Pi大和を再び動かす時はこいつの出番でしょうかね。

Raspberry Piにはちょっと興味あるので、読ませて頂きました。
グローバルIPを付与してくれるMVNOも結構ありますよ。
動的グローバルIPならOCNモバイルONEやBIGLOBE等がありますし、サーバ運用に便利な固定グローバルIPを提供してくれるインターリンクやASAHI-Net(固定IPオプションで対応)などもあります。

こんにちは、通行人さん。

この後OCNモバイルONEのプリペイドをつかったりして、確かにグローバルIPが割り振られていることを確認いたしました。

ただ、Raspberry Pi起動時にモデムを起動することが出来なかったため、今のところ使えずじまいのままです。もうちょっといいのを買えばよかったんですが、そこまでお金使うのも・・・ってことで、未だに手が出ておりません。

結論から言うと、Wi-Fiでも結構届くため、大和は無事航海できました。でもゆくゆくはLTE回線化もしたいところですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59804646

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiをL-02C+IIJmioでつないでみた:

« au MVNOの「mineo」はどんな端末で使えるのか!? | トップページ | 25ドル(約2500円)で買えるFirefoxスマホ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ