« Project Tangoタブレットが正式発表 | トップページ | クラウドファンディングによって 一度は放棄されたISEE-3との交信に成功 »

2014年6月 9日 (月)

Raspberry Pi用カメラモジュールつけてみた

「思うところ」シリーズ第8弾(??)。

Img_5750

今度はRaspberry Pi用のカメラモジュールをつけてみました。

今回の目標はこれを使って先の記事「Raspberry Piでサーボと距離計、LED(SOS信号)をiPadのブラウザで操作できるようにしてみた: EeePCの軌跡」の画面にストリーミング画像を出すというところまでやります。

Img_5751

カメラ自体はこのとおり、かなり小さくてシンプルな構造。

Img_5752

カメラ本体。

こうして持つと基板上の文字の多くがさかさまになりますが、こちらが上であってるそうです。

Img_5753

裏は・・・特に見るべきところはないですね。

Img_5754

もう一端のフレキをRaspberry Pi本体に挿します。

Img_5755

これがさせるコネクターは2つありますが、USBメモリーに近い方に挿しました。

Img_5757

それにしてもこれ、ものすごく固い。挿すのはなかなか大変です。

挿してからケースの穴に通していなかったことに気づき、挿しなおしました (;ω;)

Img_5758

USBカメラでもいいのですが、やっぱりこちらのカメラの方が小さくてスマートです。

ただでさえいろいろついてるうちのRaspberry Piには最適ですね。

まずは、カメラを使えるようにします。

Raspberry PiにSSHで接続したあと、

sudo raspi-config

を実行。

その中にカメラの項目があるので、これを選択し「Enable」にします。

このあたりの話はキャプチャ取り忘れたので、以下のサイトを参照願います。

Raspberry Piカメラのセットアップ方法 » DesignSpark

つづいて、カメラのテスト。

コマンドラインで

raspistill -o image.png

と打ち込みます。

Img_5759

私はこれをUbuntu14.04 on EeePCで開いてみましたが、この通り配線だらけの写真が撮れました。

まあ、一応ちゃんと動く事を確認。

さてここからストリーミングです。

いろいろと試しましたが、私の使い方にかなうのは、以下のようにmjpeg-streamerを使うことでした。

まずこのmjpeg-streamerをインストール。

まずは以下のものをapt-getしておきます。

sudo apt-get install subversion

sudo apt-get install libjpeg-dev imagemagick

つづいてmjpeg-streamerですが、これはapt-getできません。以下のようにソースを入手し、コンパイルします。

svn co https://mjpg-streamer.svn.sourceforge.net/svnroot/mjpg-streamer mjpg-streamer

cd mjpg-streamer/mjpg-streamer

make

私はつい”make install”までやっちゃいましたが、結局コンパイルしたものを直接使うため、特にやらなくてもいいようです。

ここで以下のコマンドを入力。

sudo su

mkdir /tmp/stream

raspistill -w 352 -h 288 -q 5 -o /tmp/pistill/pic.jpg -tl 100 -t 9999999 -th 0:0:0 &

上のコマンドでは”352×288”のサイズの画面を5fpsで流すという設定です。

画面に文字が流れ出すので、一旦閉じて改めてSSHでログインしなおした方がいいでしょう。

つづいて、mjpeg-streamerをmakeしたディレクトリで

sudo ./mjpg_streamer -i "./input_file.so -f /tmp/pistill" -o "./output_http.so -w ./www -p 8080"

を実行。

ブラウザで”http://(Raspberry PiのIPアドレス):8080”と打ち込むと、ブラウザにストリーミング画像が出てきます。

この状態で、Raspberry Piでサーボと距離計、LED(SOS信号)をiPadのブラウザで操作できるようにしてみた: EeePCの軌跡の記事の”test.html”のしたの~の中に

<img width="352" height="288" src="http://192.168.1.22:8080/?action=stream"><br>

というのを入れると、LEDやサーボ制御、距離計の数字と一緒にストリーミング画像が出てきます。

Rpicam01

前回記事からちょっと書式も変えてみました。S.O.Sだったところ.が・・・なんだか変な名前になってます。

またまた一歩野望に近づきました。

今回やり残したことは、このストリーミングを電源投入と同時にやりたいんですが、どうやっても出来ないこと。

順次更新していきます。

ラズベリーパイ カメラモジュール Camera Module for Raspberry Pi

« Project Tangoタブレットが正式発表 | トップページ | クラウドファンディングによって 一度は放棄されたISEE-3との交信に成功 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

「野望」は何処へ行くのか!?(期待してますぞ)

こんにちは、enuteaさん。

まだ完成形までいってませんが、今夜からその「野望」を公開します。あまりにも書くこと多くて、3回に分けてリリース予定。乞うご期待!

mjpeg-streamerのリポジトリ場所変わってるみたいです。

こんにちは、minさん。

あれ、変わっちゃったんですか?調べて更新してみます。結構便利なソフトなので、できるだけ使いたいですね、これ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59775386

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi用カメラモジュールつけてみた:

« Project Tangoタブレットが正式発表 | トップページ | クラウドファンディングによって 一度は放棄されたISEE-3との交信に成功 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ