« 日本のGoogle Playに”Google Glass Explorer Edition”登場(でもまだ買えません) | トップページ | タカラトミーとデアゴが共同開発 ロビ君専用ハウス”ロビエッグ” »

2014年6月25日 (水)

戦艦大和を”進水”してみた

ただし”お風呂場”ですが。

ノーコン状態は解消できていないものの、航行が可能かどうかをチェックしてみました。

Img_5979

今回はRaspberry Piは使用せず。モータースイッチはこの通りオンの状態に。

甲板につけたもう一つの主電源スイッチでオンオフすることにします。

浸水有無を確認するため、最後尾甲板だけ外して風呂場へGo!

Img_5980

我が家のお風呂になんとか入りました。

しばらく浮かべておきましたが、浸水している様子はありません。

Img_5981

喫水線はずいぶんと低いですね。

赤い部分の真ん中辺りに水面があります。もう少し錘を載せたほうがよさそう。

Img_5982

とりあえず航行に支障はなさそうな状態だったので、スイッチを入れてみました。

元気よく走ります。

風呂の中とはいえ、思ったより安定してますね。

Img_5983

ただし走行開始から30秒ほどたつと、じわーっと浸水が始まりました。

やっぱり、グリスだけでは防げなかったようです・・・

Img_5984

もともとギアボックスとモーター区画の間には防水壁があるため、少々の浸水なら大丈夫ですが、このペースなら1分ほどで限界点を超えそうです。

浸水の度合いも緩やかなので、あとちょっと対策すればどうにかなりそうな気がします。がんばって穴ふさぎましょうかね。

しかしコントロール不能の状態を解消しない限りは意味がないですねぇ…まずはこちらを何とかしないといけません。

1/250 大和

« 日本のGoogle Playに”Google Glass Explorer Edition”登場(でもまだ買えません) | トップページ | タカラトミーとデアゴが共同開発 ロビ君専用ハウス”ロビエッグ” »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59815621

この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和を”進水”してみた:

« 日本のGoogle Playに”Google Glass Explorer Edition”登場(でもまだ買えません) | トップページ | タカラトミーとデアゴが共同開発 ロビ君専用ハウス”ロビエッグ” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ