« 超小型ベアボーンキット”LIVA”が発売されてるそうで | トップページ | 折りたたみ式iPhoneスタンド”ピタゴラスタンド” »

2014年5月 1日 (木)

SONY ウォークマン WM-505を復活させてみた

Img_5550

おそらく私にとって最初のモバイル機器じゃないかというくらい古いウォークマンがあります。

1989年製のワイヤレスウォークマン”WM-505”、私が高校2年生の頃に買ったウォークマンです。

本体にもイヤホンジャックがついているため、ワイヤレスレシーバー無しでも使えます。

それまでは中学生のときの”技術”の授業で自作したヘッドフォンステレオ、次にお年玉で買ったAIWAの馬鹿でかいヘッドフォンステレオを使い続けてたんですが、ようやくドルビーノイズリダクション、重低音内蔵でポケットに入るサイズのヘッドフォンステレオを手に入れました。

それがこのウォークマンというわけです、当時確か3万円ほど。えらい奮発して買いました。

Img_5581

しかも世界初のワイヤレスなヘッドフォンステレオでした。いきなりローエンドからハイエンドなウォークマンにジャンプアップ。

今のBluetoothヘッドフォンにも通づるウォークマンともいえますね。

ところでこのワイヤレスウォークマンは、音はワイヤレスですが、操作はワイヤレスにあらず。本体のスイッチで操作します。あくまでも、音声だけ電波で飛んでくれるというもの。

当時はヘッドフォン性能も低くて、重低音回路なるものを搭載して無理やり低音を強調するというのが流行っていた頃でしたね。このWM-505はワイヤレスレシーバー側にDBBという重低音回路が搭載されていて、本体のイヤホンジャックで聞くときはノーマルでしか聞けないというちょっと残念な仕様。

しかも、本体とレシーバーで2つのガム型充電池が必要という、わりと贅沢な構成でして。

レシーバー側にもイヤホンジャックがついており、二人同時に聞けるというこれまた贅沢な仕様でして、本体と合わせて3人同時に聞けるため、友人とよく一緒に聞いてました。これはなかなかのメリット。

ただかばんの中に入れて聞くとよくノイズが走る、操作は結局本体、電池は2つも必要で充電が大変(レシーバー側は結構持ちますが)、おまけに重い。

その後ワイヤレスヘッドフォンステレオがほとんど出なかったのは、あまりメリットが感じられなかったからなんですよね。

そんな思い出の品のウォークマン、USB端子付きカセットプレーヤー”DN-11246”の記事に頂いたコメントを見てたら急に動かしたくなって出してみたんですが、やっぱり動きません。

ガム型充電池は死滅しているため、本体と乾電池ケース+単三電池の組み合わせですが、モーター音はすれども回る気配なし

Img_5562

てことで、ばらしてみることにしました。

今までの週刊ロビ製作と、年始のiPhone 4Sの前面パネル交換修理を潜り抜けた私には怖いものはありません。ちゃっちゃとばらします。

Img_5552

裏面ケースをはがした結果、動かない理由があっさりと判明。

ゴムベルトが切れてます。

そりゃあ動かないわけです。

Img_5553

しかもこのゴムベルトの状態がまたやばい

黒いモツァレラチーズのようにとろけてます。

こらあかん・・・ベルトをどうにか調達しないといけません。

ググって見たら、このWM-505と構造がよく似ているWM-503の修理記事を発見。

ウォークマンのベルト交換 - <(。ε゚)>

どうやら千石電商でこのゴムベルトの代替品を扱っているらしいとのこと。

で、早速注文したんですが・・・翌日に「内径φ70 0.95mmのゴムベルトは在庫がありません」との連絡が!

万事休す・・・

しかし、ゴムの輪っかだったら他にあるじゃないか?

Img_5555

てことで、輪ゴムを使うことに。

この短絡的な展開はこのブログならではです。

できるだけ内径の大きなものを探してきました。オーバンドの#18(約50mm)ならいけそうかと判断。

Img_5556

太さは1.1mmあるそうですが、どのみち伸ばすんだし、細くなるだろうということで、このまま強行。

Img_5557

このウォークマンのネジは細かいため、ロビ君のこの磁気皿が活躍。

Img_5559

最初にやったのはこの黒いモツァレラチーズ状の何かを取り払うこと。

ローター周りにはべったりついてて、ピンセットの先で削り取るように除去。指先も真っ黒です。

Img_5560

そしてそこに輪ゴムを取り付けます。

・・・ってさらっと書きましたが、このゴム付け作業はものすごく大変

5箇所引っ掛けるところがあるんですが、うち4箇所への引っ掛け作業は抜けないように指で押さえながらやらないと、簡単に抜けます。両手と右脚親指を使ってはめました。

で、作動してみると、なんだかいい感じに動いてます。これはいけそう!?

Img_5564

で、適当にテープを入れてみて聞いてみるとなんだかめちゃくちゃ遅い

マドンナの曲だったんですが、声が(※プライバシー保護のため音声を変えております)ってくらい低い音声に。

速度調整が必要なようです。

それにしても、一体どこにそんなつまみが・・・

Img_5567

その位置を、なんと電池パックが示してくれました。

この電池パックの不自然な穴の先に速度調整つまみが!

いやあ、昔からこの電池パックの穴ってなんで開いてるんだろう?と思ってたんですよね。下には何にもないのに、ぽっかり空いてる。

まさか、こういう用途の穴だったとは。

25年前の疑問が、今解消されました。

この穴がなければ、ガム型充電池がない今、速度調整をすることはかなり大変なことになってましたね。これで電池をつけて再生しながら調整できます。

Img_5569

マイナスドライバーを突っ込んで、調整中です。

本来は調整用の規定の周波数の入ったテープを使うところなんでしょうが、そんなものはうちにはありません。マドンナの声の記憶と耳を頼りに合わせます。

で、とりあえず復活したんですが。

なんだか音が揺れてます

どうも、ゴムがだぶついてるような感じです。

Img_5570

ということで、輪ゴムを変えてみることに。

うちに一回り小さい輪ゴム オーバンドの#16があったので、これを使うことに。

また、ゴムのつけ方もねじれるとまずいらしいので、なるべくねじれないようにつけてみました。

Img_5571

何度かゴムを張りなおしたんですが、この一番右のところから引っ掛けると比較的うまく引っ掛けられました。

だからなんだというノウハウですが。この先役に立つことはあまりなさそうです。

Img_5572

途中、この細かいスイッチがぼろぼろ落ちるため、蓋を開けたときははずすようにしました。ドルビーNRスイッチと、オートリバースのモード切替スイッチです。

Img_5573

音揺れは相変わらず残るものの、かなりましになりました。

というか、よく聞くと中/高音域で揺れてる感じ。

B'zの稲葉浩志が低音で歌ってると揺れないけど、叫び始めると揺れるというか、そんな感じです。

また、なぜかFWD側よりREV側で再生したほうが音質がかなりましになります。

先のリンクにもありますが、”アジマス”というヘッド調整をやったほうがいいんでしょうね、きっと。

ところがアジマス調整用のネジを見つけられませんでした。

しかし、何度か速度調整したり再生したりを繰り返していると、当たりがついてきたのかREV側でならとりあえず許容範囲にぎりぎりはいったレベルとなったため、復活作業は完了しました。

Img_5580

てことで、あとはこのテープコレクションを堪能するばかりですね。

Img_5578

これは私が高校時代につくったシングル曲コレクションの一本。それにしても字が下手ですねぇ (;ω;)

”長山洋子”とありますが、この”瞳の中のファーラウェイ”は演歌ではございません。

ファイブスター物語という映画の主題歌を歌ってたんですが、このときはまだ演歌歌手ではなかったんですよね、この方。

ご本人にとっては黒歴史かもしれませんが、未だに”長山洋子”と聞くと、私はこの曲です。

Img_5574

B'zのMARSというショートアルバムがあったんですが、これを収めたテープも発見。

こいつを聞くと、大学受験のため上京する新幹線の中の風景が未だに目に浮かびます。

なお、大学入学後にワープロを買ったため、手書きの上から清書したものを重ねてます。

Img_5575

このタイトルは、まさに今の音楽業界が忘れられない90年代の一番いい時期のシングルであふれてますね。

ZYYGやZARD、WANDSがコラボした曲も収められてます。最後の”コルベッツ”というグループ、私は好きだったんですが、程なく消えましたね。残念。

Img_5583

ところで、この時代には私は既に別のウォークマンに乗り換えておりました。それがこの”WM-EX77”。

ワイヤレスではありませんが、リモコン式で薄型軽量な確か'92年製のモデル。

Img_5585

こいつも空けてみましたが、やっぱりベルト切れてました。こちらの修復はいずれまたやろうかと。

20140430_21_43_20

今のデバイスと比べれば、どうしようもないくらい低スペックなこのウォークマン。

最大でも100分程度の曲を入れるのが精一杯、動画再生不可、アプリなどの機能アップも不可。

でも、私の青春時代の一品なんですよね。

さて、せっかくなんでこいつを使ってデジタル化でもしてみようかと思ってます。これはまたいずれ。

SONY ウォークマン Fシリーズ [メモリータイプ] 16GB ブラック NW-F805/B

« 超小型ベアボーンキット”LIVA”が発売されてるそうで | トップページ | 折りたたみ式iPhoneスタンド”ピタゴラスタンド” »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

MSXのFDDもダイレクトドライブでは無かったため、ベルト切れの故障は有名でして、私が中古で買ったturboRも、それが原因で叩き売られておりました
当時はまだ、保守パーツとしてパナソニックから入手できたのですが、自転車のチューブを輪切りにすると代用できると聞いて、その方法で修理してしまいました

アイワがソニーに買収される前、まだ子会社だったころ私もアイワのSTRASSERというブランドのCDラジカセを持っておりました
そんなアイワとソニー製品を愛用されていたということは、まさしくソニーファンの鑑ですね

ご承知だとは思いますが、天然ゴムが主成分の輪ゴムは、すぐに切れますので、ご注意を

こんにちは、マジック144点灯さん。

輪ゴムは切れても替えがいくらでもあるため、これで使えるのなら寿命が多少短くても問題ないかなぁと。

AIWAの製品もなかなかよかったんですけど、やっぱり1万円以下の安物(当時)だったため、がたいが大きくてポケットに入らず、不便でした。ポケコンなども持っていましたが、まさにこれが普通の(学生服の)ポケットに収まる最初のモバイル機器でしたね。

音揺れの件ですが、どうもテープの中央付近まで来るとかなりよくなりますね。でもやっぱりリバース側でないと調子悪いです。やっぱり古い機器ですね。

私もWM-505を持っています。使用出来なくなったのでこれからもご教授願いたくおねがいいたします。ブログにアップしないで相談させていただけないでしょうか。

こんにちは、おとやんさん。

コメント欄に相談事項がありましたら書き込みいただければご相談いたします。

ところで、この記事には後日談がありまして・・・

http://arkouji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/sony-95fe.html

ちゃんとしたゴムを入手しました。輪ゴムではやっぱり音がゆれますが、さすがはウォークマン用ゴムと謳うだけあって、おかげでほぼ当時の音が再現できました。こちらの記事もお勧めです。

販売されている内には使えそうな長さはありますでしょうかあればamazonで早速購入いたしますので取り置きよろしくお願いします。

さきほど名前を本名でおくりましたので再送させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59560770

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ウォークマン WM-505を復活させてみた:

« 超小型ベアボーンキット”LIVA”が発売されてるそうで | トップページ | 折りたたみ式iPhoneスタンド”ピタゴラスタンド” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ