« Project Tangoタブレットが来月にも登場か!? | トップページ | AndroidからiPhoneに乗り換えるときに便利なアダプタ »

2014年5月30日 (金)

Raspberry Piでapt-getなどを実行してたら”No space left on device”と出てしまうときの対処法

最近思うところがあって、Raspberry Piにいろいろ入れておりますが、アプリをインストールしようとapt-getを使うと、/var/cacheあたりが”No space left on device”とでて止まってしまう事がたびたび。

いくらなんでも4GBのSDメモリがぱんぱんになるこたあねえだろうと思って

du -h

と打って空き容量をチェックすると”/”が100%になってござる。

が、”/”が1.8GBほどしかない。他のパーティションを合計しても4GBにはぜんぜん足りません。

なんだかおかしい気がしてググって見ると、こんなサイトを発見。

Arduino & Raspberry Pi Projects: Raspberry Pi Raspbian - No space left on device

うちと同じ病状が出たときに、これを直す方法が書かれています。

やり方は

(1) raspi-configを実行します。

sudo raspi-config

(2) メニューが出てくるので”expand_rootfs”というやつを選択。

(3) メッセージが出てくるので、そのままEnter

(4) メニューに戻るので、カーソルキーで”Finish”に移動してEnterキーを押します。

(キャプチャし忘れたので、文章だけです。画面は上のリンク先に載ってます)

するとRaspberry Piが再起動されます。

再びdu -hを実行すると、”/”が4GBっぽい容量になりました。

どうやら2GBのSDメモリーカードとして使われてたっぽいですね。

Raspberry PiのOSは、Windows上などでSDメモリイメージをSDメモリカードに書き込んでいれるんですけど、このイメージが元々2GBのSDメモリで作られたのかもしれません。

Raspberry Piで容量不足に悩まさされてる方はぜひお試しください。

Raspberry Pi Type B 512MB

« Project Tangoタブレットが来月にも登場か!? | トップページ | AndroidからiPhoneに乗り換えるときに便利なアダプタ »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59701080

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Piでapt-getなどを実行してたら”No space left on device”と出てしまうときの対処法:

« Project Tangoタブレットが来月にも登場か!? | トップページ | AndroidからiPhoneに乗り換えるときに便利なアダプタ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ