« SONYが世界最高容量185TB以上の磁気テープを開発 | トップページ | 立体地図を作って3Dプリント(有料)までできるサイト”でこぼこ地図” »

2014年5月 6日 (火)

クラタスのOSはWindows 8.1だそうで

Windowsのイベントにクラタスが登場したそうですが、クラタスってWindows 8.1が使われてるそうです。

「人型巨大ロボのOSはWindows 8.1」、マイクロソフトがアピール - AKIBA PC Hotline!

クラタスの制御ソフトは"V-Side"と言うものだそうですが、これがWindows上で動作してるそうです。

常に最新版となってるようで、展示機も8.1 Update適用済みだそうで。

大型のロボットでは、あのモダンUIは操作しやすいかもしれませんね。

古谷 徹氏までいらしたそうで、こうなるとクラタスもモビルスーツと呼ぶべきなんでしょうかね。OSがMS社製だけに。

なぜかロボット用OSというと"HOS"を連想しちゃうんですが…詳しくはパトレイバーの映画第一作で。まあこちらは暴走することはないでしょうが。

クラタス スターターキット

« SONYが世界最高容量185TB以上の磁気テープを開発 | トップページ | 立体地図を作って3Dプリント(有料)までできるサイト”でこぼこ地図” »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

もとは、コスト削減が採用の理由だったと思われますが、同時に目玉である「Kinectのモーションセンサー機能を使って、パイロットの動き通りにロボを操縦する」を実現するためには、Kinect for Windows を使う必要があった、という点も大きかったのではないでしょうか
一方で以前のイベントでは、スマートフォンからの操縦というのもありましたね

日本マイクロソフトが、その有名な話題を利用して、プロモーションに登場願ったのだろうと思います

こんにちは、??さん。

なるほど、Kinectですね。これなら確かにWindowsの出番ですよね。

最近思うところがあって、Raspberry Piで多サーボの制御をやらせようと思ったんですが、どれもこれも一筋縄ではいかず。これがWindows+USBの組み合わせだと結構いろいろあるんですよね。電子回路やシリアル制御の知識が無いと、やっぱりLIVAで多サーボ制御の方が比較的敷居が低いんですよね。なんだかんだといってもユーザーが多くて活用事例では一段も二段も上です、Windows。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59589908

この記事へのトラックバック一覧です: クラタスのOSはWindows 8.1だそうで:

« SONYが世界最高容量185TB以上の磁気テープを開発 | トップページ | 立体地図を作って3Dプリント(有料)までできるサイト”でこぼこ地図” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ