« スマホ市場の利益はApple/Samsungの2強で利益率106%! | トップページ | 最近の小型マザボ事情 »

2014年5月12日 (月)

週刊ロビ第62号、63号到着&製作

62号の1週休みがあったおかげで、3週間ぶりにロビが来ました。

前回の製作記

Sasa400

・・・などとほざいておりましたが、日曜日に来たため何とか製作できました。

Img_5622

今回は62号、63号。両方とも人感センサーです。

Img_5623

なお、週刊ロビ以外に「ロビクル」のお知らせや61号のトラブルシューティングの案内

Img_5624

他の週刊シリーズの宣伝パンフが入ってました。

Img_5625

中身はこれだけ。

といっても赤いプチプチに包まれた人感センサーはそれなりに高価な品のようで、今回の62、63号は約1000円高です。

Img_5626

さて、前回取り付けてしまったこの頭部ですが、目ん玉を抜き出すためばらさなくてはいけません。

Img_5628

ということで

Img_5629

ばらします

Img_5630

ばらします

Img_5633

ひたすらばらして、目ん玉を抜きます。

Img_5634

とりあえず、この状態にしておけばOKのようです。

Img_5635

大量のネジが出てしまいましたが、頭部に使われているネジは2種類。思ったよりややこしくありません。

Img_5637

ということで、予備ネジ入れの一角を空けて、まとめて保管することにしました。

Img_5636

さて、取り出したこの2つの目玉に人感センサーを取り付けます。

Img_5638

が、最初にやるのはこれ。アルミテープのようなものを目玉の裏に貼り付けるんだとか。

Img_5639

まず黒目を抜き出して

Img_5640

奥の方にネジ穴部分で、銀色の内側がへこんでるところがあります。ここにあの銀テープを貼り付けるんですが

Img_5641

やりにくい場合はピンセットや爪楊枝で貼り付けてください・・・ってピンセットでもやりにくいわ! ヽ(#`Д´)ノ

Img_5643

で、私が編み出した(?)技は、まずピンセットで位置あわせをしておき、人差し指で押さえつけるというもの。

位置がずれたらピンセットで微調整して、人差し指で一気に上から押さえつけて貼り付けてやります。

Img_5642

こんな感じの作業を2つの目玉、4箇所に行います。

Img_5644

終わったら再び黒目を戻します。

Img_5646

で、つづいて人感センサーの作業。

黒いセンサー部に白いプラスチックの輪っかを取り付けます。

Img_5647

意外と基板の上の突起やらなにやらに引っかかって、素直にははまってくれません。が、力を入れるとセンサーが壊れてしまいそうなので、慎重につけます。

このプラスチックの輪っかはオス/メスあるので注意。

Img_5648

ひっついたら、これを目玉の中に差し込みます。

Img_5649

目玉から銀色の締付用の突起が出てる方と、人感センサーの基板の切りかかれていない方を合わせて

Img_5651

ネジ2本で締め付けます。

Img_5652

これを2つ作って終了。

Img_5653

これを赤いプチプチ袋に入れて保管しておきます。

次回はこれにケーブルをつけるようです。が、63号でもう一週休みが入るため、次回の製作記も3週間後です。

人感センサーをつけたので、残りの電子部品は口元用LEDと額につけるリモコンセンサーだけでしょうか。

あと残り7号です。

ロビ 再刊行版 創刊号 [分冊百科] (パーツ・ミニロビ付)

« スマホ市場の利益はApple/Samsungの2強で利益率106%! | トップページ | 最近の小型マザボ事情 »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59625574

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ第62号、63号到着&製作:

« スマホ市場の利益はApple/Samsungの2強で利益率106%! | トップページ | 最近の小型マザボ事情 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ