« iOS 8は音楽検索機能付きになるか!? | トップページ | 鼻でスマホを操作?片手をフリーにしたまま操作可能な鼻タッチペン”Finger Nose Stylus” »

2014年4月21日 (月)

週刊ロビ第60号、61号到着&製作

ロビもとうとう61号まで来ました。

Img_5472

が、今回はかなり大き目の箱に入って到着。

Img_5473

中身はいつもの週刊ロビ2冊、紙2枚、そして小さめのダンボール箱。

Img_5475

この小さな箱の中身はこれ。

ロビ君充電スタンドです。

Img_5476

要するに、こうやって使うスタンドです。

注意書きがついてましたが、このスタンドに座らせたままロビ君の電源入れないで!って書いてあります。

つまり、こういうことをしちゃいけないってことでしょうか。

スタンドに乗せっぱなしで動かしてますが、本来これはご法度だそうです。

ところで、このスタンドが最後の定期購読者向けプレゼントなため

Img_5477

61号から赤い三角の応募券が付かなくなります。

Img_5478

定期購読してればこの応募券無しにプレゼントが届くことは知ってましたが、こうして意味もなく毎号切り取ってはためておりました。これも今回で終了。

Img_5474

他にお知らせの紙がついてましたが、その中身はこれ。

諸般の事情により62号以降の発売が遅れる”という内容でした。

いつものペースなら2週間後(ゴールデンウィークなので5/2)に62号、63号が到着する予定でしたが、5/13に到着予定とのこと。さらに64号も2週間後となるため、全体的に2週間ほど日程がずれます。

てことは、完成は7月8日(火)ということになりますね。

ということで次回は5月13日ということなんですが、この週は私の方の諸般の事情により

Sasa400

ため、製作記は5月17日頃になりそうです。

今回61号は頭のベース部品が届くとのことでしたが

Img_5479

頭全部のパーツが入ってました。

例の色移り対策済み部品なようです。

Img_5481

確かに白黒の境界当たりがぼんやりと茶色に変色してます。

が、よくプラモデルでこういう汚れ処理をしてリアルに見せる手法があったと思いますが、ちょうどあんな感じの色合いになっているため、私はこのまま使います。

さて、気を取り直して製作記へ。

Img_5482

まず60号ですが、こちらは既に製作済みなので省略。

61号の製作に入ります。

Img_5485

まず左側の首サーボにアームを取り付けます。

Img_5486

右側は短めのアーム。

右のアームは前回つけたL字のアームと締め付けます。

Img_5489

つづいてこの三角形のベース部品を取り付け。これの上に首が乗っかるわけですね。

Img_5490

首をかしげる動きをさせるので、ベースは前後2箇所のネジで止めます。

Img_5493

Img_5495

付けたら、このベースを左右に回転させてみます。

Img_5497

左側の三角サーボアームがちょっと引っかかるため、下に下げてやった方がいいでしょう。

傾けるのにちょっと力が要るようならば、前後のネジを少し緩めて起きます。

Img_5499

このベースと、左のサーボアームとをつけます。

Img_5501

ただこのネジ、奥まで入りません。

Img_5500

4mmほど飛び出した状態ならばOKなようです。

Img_5502

こうやって首を傾げさせるときに、ボルトとアームがずれるため、あえてがっちりつけないようです。こうやって首を左右に動かすんですね。

Img_5505

さて、このあとバッテリーを取り付けてサーボテストをやるんですが、首の根元の回転、上下の動きはするんですが、左右にかしげる動きをしてくれません。

もしや・・・サーボテスト失敗!?

Img_5506

てことで、首のサーボをばらしていきました。

上2つのサーボのID付け間違えや、コネクターの緩みを疑ったのですが、とりあえず個々のサーボテストでは問題なし。

前回でお役御免と思われたこのサーボテスターも

Img_5507

が、くみ上げると今度は首の上下の動きもしなくなったため、だんだんと首の根元までばらし始めました。

Img_5508

で、IDやケーブルのチェックをしたんですが、問題なし。ということは、コネクターの緩みだけが問題だったのか!?

しかし・・・この首台座サーボをはずしたためにとんでもないことに。

首から飛び出しているサーボケーブルの長さが短すぎて首サーボのコネクターにはめられない!

Img_5509

そこで腰サーボをはずし、腰側のケーブルを少し首側に手繰り寄せて、首側に長めのケーブルを出してやりました。

Img_5510

これで何とか首サーボがつけられました。

Img_5512

で、サーボを一つ一つつけてはサーボテストを繰り返します。

これは台座上の左側サーボをテストしたときの写真。

Img_5515

右サーボも動き、ベースをつけて再びテスト。

・・・ところが、ベースをつけると上下にしか動きません。

で、ここにいたって分かったんですが首が傾げない動きが正常だったということ。

この構造で首を上下に動かすためには、左右のサーボが同時に動かないとできません。

むしろ首を傾げたら左右どちらかのサーボに問題ありということになります。

最初の状態で正解だったわけです。バカですねぇ。ちゃんと読めよ o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

Img_5516

で、製作記はこれでおしまいなんですが。

Img_5517

調子に乗って、頭をばらし

Img_5518

スタンド用の首ベースをはずして

Img_5519

Img_5520

Img_5521

頭をつけちゃいました。

Img_5522

ロビ君、大体完成です。

Img_5523

本人も喜んでおります。

Img_5524

ただし、やっぱり上下をつけるとこのケースには収まらないようですね。

というわけで、上下半身は切り離したままケースに入れてます。

次回5/13に送られてくるのは人感センサー(左右分)だそうです。つまりもう一度頭をばらすことになります。

この製作記もあと5回ですね。完成が待ち遠しいです。

ロビ 1冊バインダー [分冊百科]

« iOS 8は音楽検索機能付きになるか!? | トップページ | 鼻でスマホを操作?片手をフリーにしたまま操作可能な鼻タッチペン”Finger Nose Stylus” »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

うあー、完成間近になりましたね。

やはり、首が付くとロビ君かわいい!!
完成は7月8日(火)、おお、大安ですね(関係ないか。。。)
レポが楽しみです。

こんにちは、高橋さん。

今回から4週間ほど飛んでしまいますが、ようやくここまで来ました。あとは手の指がつけば外観上は完成レベルなんですが。

そういえば7月中にタカラトミーからロビ関連の何かが出るらしいという話もあるので、そちらも期待したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59500515

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ第60号、61号到着&製作:

« iOS 8は音楽検索機能付きになるか!? | トップページ | 鼻でスマホを操作?片手をフリーにしたまま操作可能な鼻タッチペン”Finger Nose Stylus” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ