« ドコモ 定額制通話プランや家族でパケットを共有し合える”パケあえる”プラン発表 | トップページ | iPhone/iPadの調子が悪くなったらAppleの「iOS診断」 »

2014年4月11日 (金)

週刊ロビ第59号時点でも全身サーボテストやってみた

サーボもあと残り2つですが、週刊ロビ第53号の時点で全身サーボテストやってみた!のときから腰も結合可能になり、マフラーにスイッチがついたので、もうちょっとちゃんとしたサーボテストが可能になるんじゃないかと思い立ち、早速やってみました。

Img_5531

さて、分電板×バッテリー×スイッチってどうやって結合するのか?

Img_5532

と悩みそうになりましたが、どう考えてもこういう組み合わせしかつきません。

スイッチの2つのコネクターは、一方はマイコンボード、もう一方は分電板に。バッテリーは分電板のどれかに挿します。

Img_5542

なお、スイッチはマフラー後ろ側がオフ側のようです。挿す前にスイッチがオフ側になってる事を確認。でないといきなりサーボが動きます

Img_5534

それにしても、分電板ってどこに固定するんでしょう?とりあえず腰サーボの下の辺りに浮かせておきました。

Img_5536

まずは上半身のみでテスト。

首回転サーボと腕はちゃんと動作しました

・・・と確認できた途端

「オッケー!!!!」

とスピーカーからかなりでかい音が出ます。

まったく構えてなかったので、これはちょっとびっくり。

当たり前ですが、スピーカーだってテストできるようになってるんですよね。

Img_5537

さて調子に乗って下半身もつけてみます。

Img_5538

ただ、分電板+バッテリーがついてるこの狭い空間でサーボのコネクターを挿すのはかなり至難の業。

この先、相変わらずアクロバットな作業が待ち構えていそうです。

分電版には腰からの充電ケーブルも挿しておきました。今回使うわけじゃないんですが、なんとなく挿しておこうかと。

Img_5540

なんとか結合完了。スイッチオン!!

Img_5541

腕と脚は53号テストのときと同じ動きですが、ここに腰と首、そして「オッケー!!」が加わります。

スイッチがあると動作テストは楽になりますね。51号のサーボテストでもスイッチつけてくれればよかったのに  (´Д`)ノ

完成が楽しみですねぇ。

ロボットの天才 (空想科学文庫)

« ドコモ 定額制通話プランや家族でパケットを共有し合える”パケあえる”プラン発表 | トップページ | iPhone/iPadの調子が悪くなったらAppleの「iOS診断」 »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59423695

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ第59号時点でも全身サーボテストやってみた:

« ドコモ 定額制通話プランや家族でパケットを共有し合える”パケあえる”プラン発表 | トップページ | iPhone/iPadの調子が悪くなったらAppleの「iOS診断」 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ