« 米海軍が宇宙太陽光発電を開発中 | トップページ | ありそうでなかった!?microSD/SDメモリーカードスロット延長ケーブル »

2014年3月22日 (土)

”チャレンジタッチ”タブレット端末到着&設定

我が家に新しいタブレット機が到着。

Img_5317

といっても、かなり限定用途なタブレット端末です。

ベネッセのチャレンジ3年生で”チャレンジタッチ”を選択したため、その専用端末が届きました。

Img_5318

ぱっと見た目は小奇麗な中華Android端末といったところ。

Img_5319

中身は全部でこれだけ。本体と専用ケース、タッチペンです。

Img_5320

ちょっとiPad miniと並べてみました。

ちなみにこの端末、iPad/iPad Airと同じ9.7インチだそうで。

Img_5321

本体右側面には電源、miniUSB端子、SDカードスロット、イヤホンジャックがあります。端子類はこれだけ。

Img_5322

本体裏には画素数不明なカメラがついてます。

Img_5323

ケースに入れてみた。

このタブレット、かなり分厚いのですがケースに入れるとその厚みがさらに増します。

ただ見た目から感じるほど重くはないため、小学生の子供が持ち歩くには不便なさそう。

タブレットというと最近は薄型にこだわるメーカーが多いですが、使い勝手や軽さなどを追求するとこれくらいの厚みにしておくのがちょうどいいのかもしれません。

Img_5325

では早速設定してみます。

Img_5327

初期画面です。なにやら下には見覚えのあるスイッチ類が・・・なお設定マニュアルには中央のスタート以外は絶対に押さないで!と書いてあります。

Img_5328

ところがこの端末、ある程度充電されていないと先に進めない仕様のため、まだ充電が終わっていない段階ではこの画面から先に進めません(下の”わかった”ボタンが押せない)。

Img_5333

しょうがないので、トップ画面から”押してはいけない”6つの点付きのすべてのアプリ一覧表示ボタン(なんていうんですかね?あのボタンの名前)をタップ。

すると、こんな画面になります。

ここで”設定”をタップ。

Img_5334

なんだかいろいろ設定できそうですね。

とりあえず、Wi-Fiの接続設定だけやっておきました。

Img_5337

情報も覗けたので確認。この端末、Android 4.2.2であることが分かります。

なお、ストレージ容量は16GBなようです。メインメモリーは不明ですが、そんなに高い端末でもなさそうなので、なんとなく1GB程度じゃないかと。

Img_5336

”タッチ補正”の方も立ち上げてみました。こんな感じに指定されたところをタッチします。

画面を触ると一目瞭然ですが、この端末いまどき珍しい感圧式ですね。当然マルチタッチは非対応っぽい。

Img_5338

さて、充電が終わりようやく先に進めました。

これらの設定のうち、Wi-Fiの設定はスキップできたんですが、タッチ補正の方はスキップできず、結局もう一度やる羽目になりました。

Img_5340

送られてきたものの中に会員番号とパスワードを書いた紙があるので、ここで入力します。

このアカウント情報は、パソコンからベネッセのサポートページにログインするときにも使います。なくさないように注意。

Img_5341

ログインできました。

Img_5342

個人情報関係(名前やメアド)の入力を求められるので、これも設定します。

Img_5343

まずは名前を入力。つづいてメールアドレス。

Img_5344

この端末での学習状況を知らせるメールを送ってくれるそうです。サボってるとすぐにばれるというわけですね。

Img_5345

一通り終わるとなにやらダウンロードを開始しました。

Img_5346

待っている間、初代iPadと比較してみました。

画面サイズだけでなく、縦横比まで同じです。解像度も同じ1024×768とのこと。

Img_5350

厚みは初代iPadの最厚部とほぼ同じ。

Img_5347

ダウンロードが完了すると、後はこの3つを設定すれば完了。

Img_5348

わくわくスタートムービーではタブレットの使い方をきっちり教えてくれる・・・のかと思いきや、腕をむやみに振り回すお兄さんが一日一回学習!毎月25日に新教材!という宣伝を繰り返ししてくるプロパガンタ動画でした。

Img_5329

この端末の使い方は付属のパンフの方が詳しい。

要するに、楽しく勉強できるよ!という内容。

Img_5331

勉強一回分につき30分の”放課後ランド”の利用チケットがもらえるそうです。

ゲームやらイベント情報やらが流れてくるようですが、何事も勉強が終わってからのお楽しみ、という仕組みのようで。

Img_5349

さて設定は終わったものの、教材は3月25日にならないと届きません。それまではこの画面のようで。

タブレットは使い慣れた長男ですが、果たしてこれでやる気になってくれるかどうかはよく分かりませんね。

MEEP!(ミープ) オレンジ タブレット FOR キッズ

« 米海軍が宇宙太陽光発電を開発中 | トップページ | ありそうでなかった!?microSD/SDメモリーカードスロット延長ケーブル »

Android」カテゴリの記事

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
うちは、「ポケチャレ」(ポケット・チャレンジ)を使っていますがタブレットも良さそうですね。

ポケチャレもカメラが付いていて、兄弟で撮影して楽しんでます(どこが勉強なんだ?笑)
手頃なので病院での待ち時間などでも活用できてます。

両方あればいいのになぁ・・・
それにしても、年々ハイテク化していくベネッセの通信教材。
恐るべしです。

では!

こんにちは、SULさん。

ポケットチャレンジというのもあるんですね。残念ながら3年生にはありませんでしたが、そちらの方が良かったかもしれません。

チャレンジタッチ最大の武器は、子供が珍しがって使うというところにもあるんじゃないかと思うんですが、すでにこのサイズのタブレットを使い慣れてるうちの子にはあまり目新しいとは思ってもらえず orz

25日に教材が入り始めるといよいよ本格稼働です。我が家で一応4台目のAndroidタブレット(中華、ソニタブ、Nexus 7、チャレンジタッチ)は果たして活躍できるのか?終わったらYouTube端末に転用できるのか?親の方が色々と興味津々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/59333167

この記事へのトラックバック一覧です: ”チャレンジタッチ”タブレット端末到着&設定:

« 米海軍が宇宙太陽光発電を開発中 | トップページ | ありそうでなかった!?microSD/SDメモリーカードスロット延長ケーブル »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ