« iPhoneで開錠できる南京錠”TEO” | トップページ | ワイヤレススピーカーを兼ねたタブレットスタンド”WizSpander” »

2014年1月17日 (金)

バンダイナムコの”ドリフトスピリッツ”やってみた

グラフィックもきれいで、基本無料とのことで、ダウンロードしてみました。

ドリフトスピリッツ | バンダイナムコゲームス公式サイト

最初にお断りしておきますが、まずこのゲームはカーレースゲームながら通常のレースゲームとはかなり違う操作系です。

Img_0205

ゲームの操作方法ですが、コース上のイエローのラインが見えてきたら

Img_0207

タイミングよくハンドルをタップ

Img_0209

次の出口のイエローラインで指を離す

これが基本操作です。

ハンドル、アクセル、ブレーキ操作は皆無。ただただ”タイミング”を合わせてタップするだけ。

スタートもアクセルをタップするんですが、回転数を高すぎず低すぎず、青ランプがついている状態を維持すればロケットスタートができます。こちらもやはりタイミング。

Img_0201

ゲームは伝説の走り屋を求めて峠に来た主人公が、さまざまなバトルを行うというもの。

いきなり最初はこの小物感バリバリな”アフロのヒロシ”が相手ですが。いまどきいるのか!?こんな呼び名のやつ。

Img_0214

ゲームの最初はサービスで車をもらえますが、次からはGOLDをもってこい!といわれてしまいます。

要するに、レースで地道に貯めるか、大人の対応(つまり課金)をするか、が必要とのこと。

もうちょっと普通のレース系ゲームをイメージしてたので、ちょっぴり残念。いまどきのゲームらしいといえばらしいですが。

オンラインゲームなので、全国のドリスピプレーヤーのランキングも公開されてます。

反射神経抜群で、大人の対応に糸目をつけないという方なら全国一を目指してがんばるのもよろしいかと。

頭文字D 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

« iPhoneで開錠できる南京錠”TEO” | トップページ | ワイヤレススピーカーを兼ねたタブレットスタンド”WizSpander” »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58830091

この記事へのトラックバック一覧です: バンダイナムコの”ドリフトスピリッツ”やってみた:

« iPhoneで開錠できる南京錠”TEO” | トップページ | ワイヤレススピーカーを兼ねたタブレットスタンド”WizSpander” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ