« iPhone 4Sの前面パネル交換修理に成功しました!! | トップページ | Panasonicが来年パワードスーツを発売 »

2014年1月 3日 (金)

犬の脳波を分析して言葉に翻訳してくれるガジェット"No More Woof"

私も犬を飼ってたことがありましたが、何となく何を考えてるのかは分かるような、分からないような…

そんなもやもや感も近い将来になくなるかもしれません。

犬の脳波を分析し人間の言葉に翻訳してくれるガジェットが登場 | ロケットニュース24

北欧の研究施設で開発中の「No More Woof」というガジェットがあるそうですが、犬の脳波を読み取り分析、言葉に変換してくれるとのこと。

今のところ9つの言葉を表示できるようです。

ただその言葉の確からしさをどうやって検証してるんでしょう?プロの犬翻訳家でもいるんでしょうか?ちょっと気になります。おそらく脳波とその直後の行動から解釈してるんでしょうが。

もう少し言葉が増えると、限定的な会話が成立できるかもしれません。

ところで、私は柴犬を飼ってたことがありますが、柴犬ってやつは笑うんですよ。いや、柴犬に限らないかもしれませんが、とにかく本当に笑顔になるんです。

ほら、こんな感じ。私の飼ってた柴犬は甘え声まで出してました。

犬も感情はそれほど人間と変わらないんじゃないかと思ってるんですが、それが証明されるかもしれません。

バウリンガルボイス ブルー

« iPhone 4Sの前面パネル交換修理に成功しました!! | トップページ | Panasonicが来年パワードスーツを発売 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58856548

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の脳波を分析して言葉に翻訳してくれるガジェット"No More Woof":

« iPhone 4Sの前面パネル交換修理に成功しました!! | トップページ | Panasonicが来年パワードスーツを発売 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ