« Microsoft Security EssentialsのXPサポートが2015年7月14日まで延長 | トップページ | ペン型3Dプリンター”3Doodler” »

2014年1月18日 (土)

Google Glassの次は"スマートコンタクトレンズ"?

まだGoogle Glassとは程遠いですが、Googleがスマートコンタクトレンズを開発中とのことです。

眼鏡・時計の次はコンタクト! Googleが「スマートコンタクトレンズ」を開発中 - MdN Design Interactive - Webデザインとグラフィックの総合情報サイト

現在開発されているスマートコンタクトレンズは、糖尿病患者の血糖値異常を涙の成分から検知し知らせるというもの。

ヘッドアップディスプレイやカメラ機能は流石にありませんね。

ただこうした通常ではあり得ないとされるものまで高機能化させようとGoogleが進めていることがわかり、将来何らかの製品に結びつくことが期待されます。

スマートウォッチにスマートグラス、コンタクトレンズにカツラや下着までスマート化される動きがあり、身体中電子機器だらけになるのもそう遠くはなさそうです。

処方箋不要 ピュアナチュラル ワンデー ( ワンデーティアーズ ) 1日交換 コンタクト レンズ PWR-3.50 [ヘルスケア&ケア用品]

« Microsoft Security EssentialsのXPサポートが2015年7月14日まで延長 | トップページ | ペン型3Dプリンター”3Doodler” »

Android」カテゴリの記事

コメント

欲しいです!
これは良い!

血糖値は普通指先を専用の使い捨て針でチクッと傷つけるか
採血でサンプルを取るかですから
指先が何時までもヒリヒリするのです。

糖尿病は免疫力も回復力も低下するので出来るだけ「傷」を作りたくないのです。
よくあるのは足に傷や水虫などができ、その切っ掛けで壊疽(えそ)になり
足を切断という話もよく聞きます。

9月に入院した十二指腸乳頭に胆石が詰まった急性膵炎(すいえん)では
点滴だけの飲食禁止でしたから、
糖尿病の私は朝昼晩と血糖値測定を受けてました。

そして、インシュリンも出す膵臓に炎症を起こしてたので
血糖値に応じたインシュリンを打ってもらっていました。

こういう時にリアルタイム(10分でも30分刻みでもいいから)で
スマフォなどでモニターできるならとても安心

平常時にも血糖値管理が出来るし、
空腹などによる「低血糖」で、意識喪失・死亡をアラームを鳴らし未然に防げると思いますから。

私の母は疲れ易い時など何回も意識喪失を起こしてます。
意識を失う前はボーっとして
低血糖になっているという判断が
自身では出来難いのです。
ブドウ糖を舐めたりすればすぐ正常に戻りますが
低血糖のまま放置され続けると死亡すると聞いて居ます。

こんにちは、enuteaさん。

糖尿病は大変ですよね。近所の人で3歳ごろから何かの異常で糖尿病になってる子がいて、ずっとインシュリン注射をし続けてるという状態だそうです。まだ小学生なため親が打たなきゃいけないそうで、毎日決まった時間に学校へ行ってるそうです。注射直後の低血糖状態が一番危険と言ってましたね。夜寝てる時に亡くなる子もいるようで。

リアルタイムで血糖値が測定できればこうした悲劇は防げるかもしれません。私もどうやら遺伝的に低インシュリン体質っぽい(親類に糖尿病が多い、血糖値が下がりにくいらしい、などから判断)ので、気をつけないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58964923

この記事へのトラックバック一覧です: Google Glassの次は"スマートコンタクトレンズ"?:

« Microsoft Security EssentialsのXPサポートが2015年7月14日まで延長 | トップページ | ペン型3Dプリンター”3Doodler” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ