« 日本版SIMフリーiPhoneでドコモと契約してみたら・・・ | トップページ | 終了したはずのWinampがまだダウンロード可能!? »

2013年12月28日 (土)

週刊ロビ第44号、45号到着&製作

今年最後の製作記となります。送られてきたのは44号、45号。

Img_0239

今回で両足がほぼ完成です。

Img_0240

部品はこれだけ。ただし

Img_0241

この両脚も使用、33号のときのサーボも使います。

Img_0242

まずはちゃちゃっとケーブルに保護テープを貼り付け。

Img_0243

左足に股用サーボ取り付け部品をつけておきます。

Img_0244

この段階で左右の脚が同じ形に。

Img_0249

さて、同じようなプラスチック部品が二つありますが、よーくみると”L”と”R”が刻印されています。

まずは”R”つまり右脚用の方を使います。

Img_0250

この溝のところに脚から伸びる短いケーブルを沿わせて

Img_0251

ケーブルをはさまないようにこういう形にします。

Img_0252

ここに股のサーボをつけます。

Img_0253

さて、ここからが大変。まず33号のサーボの裏蓋をはずし

Img_0254

ケーブルをさっきの右脚の穴に通します。

Img_0255

で、右脚から出ている非常に短いケーブルをこのサーボにぱちっとはめて

Img_0257

ケーブルをはさまないようにサーボを股部品に取り付けてネジを締めます。

脚部品やケーブル・サーボがどれも固定されてない状態で手で押さえながらサーボにコネクターつけながらケーブルはさまないよう気遣いながら(しかも写真撮影しながら)組み立てるというのは、週刊ロビではよくある光景。

Img_0258

そのうち、この状態でサーボテストをするそうですが、ちゃんとつながってなかったときはいったいどうやって直そうか・・・途方にくれてしまいそうです。

ここまでが44号。

Img_0259

45号はまずサーボのテスト&ID付け(今回は7)。

でもこれって、今度は左脚の股用サーボなんですよね。ということは・・・

Img_0260

ついさっきやったばかりのアクロバット組み付けをもう一度やる羽目に。

今年最後の組み立てだけに、難易度の高い組み立てが多いことで。

Img_0262

しかも右脚よりサーボケーブルが短いというか、さらに難易度がアップ。

Img_0263

サーボ取り付け途中の写真なんて撮ってる余裕ありませんでした・・・

Img_0264

が、なんとか両脚とも完成。

Img_0265

今年はこれで製作終了。来年はあと7ヶ月ほどで完成です。

あとは腰の部分さえ出来れば全身像が出来そうです。

現時点で、サーボは17個。全部で20個使うので、あと3個です。ロビの動きを動画で見る限り、首に2つ、腰に1つでしょうか。

ちょっと計算してみましたが、これまでにかかった費用は92,330円。

予備のサーボ2つの代金(一つは燃えてしまったので、現存予備サーボは1つ)込みなので、予備を除けば88,350円ということになります。

この後かかる金額(残り25号分)を概算してみると 56,549円。これはマイコンボード、各センサーの号の特別価格分と、4月以降の消費税アップ分(1990円→2047円)を考慮した金額です。発売時期などでちょっとずれがあるかもしれません。

すると合計 144,899円。予備を入れて148,879円ということに。

おそらくバッテリーの号を予備でもう一個買うかもしれないので、あと1990円かかるかも。

こうしてみると既にMacbook Airが1台買えるくらいの金額を投資しちゃってます。

これを高いと見るか、安いと見るかはロビの出来次第。

新しい時代の新しいデバイスとしての夢をかなえてくれるならば、15万円くらい安いものですね。

« 日本版SIMフリーiPhoneでドコモと契約してみたら・・・ | トップページ | 終了したはずのWinampがまだダウンロード可能!? »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58831818

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ第44号、45号到着&製作:

« 日本版SIMフリーiPhoneでドコモと契約してみたら・・・ | トップページ | 終了したはずのWinampがまだダウンロード可能!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ