« 初代iPhoneプレゼンの裏話 | トップページ | 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです »

2013年10月10日 (木)

次期iPhoneは4.7インチ/5.7インチ、iPadは13インチ版が登場

なんと2種類の画面サイズのiPhoneが登場するようです。

「iPhone 6は4.7/5.7インチ液晶を搭載」予測が再登場。解像度にも言及。 - たのしいiPhone! AppBank

今回は解像度についても言及されてます。

4.7インチ版iPhoneの解像度は1280×720、5.7インチは1920×1080となるようです。それぞれ720p、1080pサイズですね。なお、今のiPhone 5/5s/5cは1136×640。

大型iPadにいたっては2732×2048の13インチ液晶とのこと。

それにしても、こんなに解像度を増やしてしまって大丈夫なんでしょうか?これではアプリ開発への負担増や、断片化が進むかもしれません。

ディスプレイ系会社からの情報ですし、Appleへ納めたサンプル品などから推測したのかもしれません。もしかしたら、いろいろな解像度を試してる段階かもしれません。実際にはさらに絞られるかもしれません。

来年のAppleのキーワードは”大型化”になるかもしれません。でもできれば4インチのiPhoneも残してほしいところですね。

Apple 第4世代 iPad Retinaディスプレイモデル Wi-Fiモデル 16GB MD510J/A ブラック MD510JA

« 初代iPhoneプレゼンの裏話 | トップページ | 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58352351

この記事へのトラックバック一覧です: 次期iPhoneは4.7インチ/5.7インチ、iPadは13インチ版が登場:

« 初代iPhoneプレゼンの裏話 | トップページ | 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ