« Amazon Kindle Fire HD/HDXシリーズを国内でも11月発売 | トップページ | Angry Birdsのレースゲーム"Angry Birds Go"が12月11日公開 »

2013年10月17日 (木)

iPhone 5sのブルースクリーンを出さないための対処法

iPhone 5sでは突然ブルースクリーンが出て全く応答しなくなるという現象が発生してるようですが、対処方法の一つと考えられるものがネット上に出ていました。

『iPhone 5s』が「青画面」の後に再起動? このやり方で防げるかも【対策】 | TABROID(タブロイド)

それは「iWorkの設定でiCloudをオフにする」というもの。

リンク先ではPagesを例に出してますが、Numbers、Keynoteでも有効とのこと。

「設定」を開きiWorkアプリ(Pages、Numbers、Keynote)を選びます。

Image

その中の「iCloudを使用」の項目をオフにしておきます(上の図はオンの状態)。

もしiWorkアプリを開いてクラッシュするようなら、これが有効らしいとのことです。

原因が特定されてないため、本当にこれかどうかは分かりませんが、実際に効果があったらしいという話もあります。

iWorkアプリ以外でブルースクリーン現象が起こっていても、もしそれがiCloudを使うものであれば同様の対処法が有効かもしれませんね。

iPhoneにおける64ビットプロセッサはまだまだ過渡期。徐々に改善されて行くと思われますが、まだ時間はかかりそうです。

iPhone 5s 64GB シルバー (docomo)

« Amazon Kindle Fire HD/HDXシリーズを国内でも11月発売 | トップページ | Angry Birdsのレースゲーム"Angry Birds Go"が12月11日公開 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58399336

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 5sのブルースクリーンを出さないための対処法:

« Amazon Kindle Fire HD/HDXシリーズを国内でも11月発売 | トップページ | Angry Birdsのレースゲーム"Angry Birds Go"が12月11日公開 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ