« 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです | トップページ | Wi-Fi接続でiPhoneから制御できる電気ケトル”iKettle” »

2013年10月11日 (金)

次期iPad ドコモから年内に登場

iPhoneが導入されたのにiPadだけ入れないとはさすがにならないようです。

速報:NTTドコモ、新型iPadを来月にも販売へ | ガジェット速報ガジェット速報

日刊工業新聞によると、次期iPadに合わせてドコモからもiPadが登場するとのことです。

新型のiPad/iPad miniの発表は22日で、発売は11月1日からと言われてますが、もしかしたらドコモからの発売は遅れるかもしれないそうで、その場合でも年内には出すとのこと。リンク先には2014年内と書かれてますが、2013年の間違いでしょうね。

新型iPadのことはminiのRetina化などいろいろありますが、それは以前の記事でも書いてあるので省略。ここではドコモに期待したいことを書いておきます。

それは"iPadのSIMロックフリー化"です。

海外では、iPhoneのSIMロックをかけていても、iPadはSIMフリーってところは多いです。が、日本はSIMロックされたiPadのみ。

iPhoneに比べれば取扱量も少ないし、どうせ価格競争に持ち込みたくないでしょうから、後発の不利さをカバーし他社に対抗するにはもうSIMロックフリーにするしかないと思ってます。

iPhoneのSIMロックはしなかったドコモですが、せめてiPadはやって欲しいですね。

海外旅行で現地の格安SIMを使いたい人にとっては、SIMフリー機が重宝されます。

今のところ、日本でiOS機のSIMフリー版は並行輸入品のみという状態です。

アメリカでもiPadは最初からSIMフリーで出してるんだし、ドコモもぜひやって欲しいですよね。

日本だけがセルラー版iPadよりWi-Fi版iPadの方が売れてるようですが、料金の問題以外にSIMロック機しかないというのも要因かもしれません。

おそらくやらないような気がしますけど、ここはiPadを盛り上げるためにぜひ決断して欲しいですね。有料の解除サービスでもいいから、できないものですかね?

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

« 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです | トップページ | Wi-Fi接続でiPhoneから制御できる電気ケトル”iKettle” »

iPad」カテゴリの記事

コメント

期待したいのは山々ですが、絶対にやらないでしょうね。docomoは。
SIMフリーの話は、3G時代も散々噂に上りながら全く変わりませんでしたし。
もっともあの時、一番騒いでたS社ですらやらなかった(D社とK社が管轄省庁から圧力掛けさせた説が有力?)のは期待外れでしたが。
個人的にはガラケー派(というよりスマホに期待するモノが現時点では何も無い)なので、今のところ小型タブレットしか興味ないのですが、スマホとタブの性質の差を考えると、やはり買うならWi-Fi版にするでしょうね…

ところで重い腰といえば、ようやくMSも上げたようですが、
http://ggsoku.com/2013/10/ms-office-for-ipad-gartner/
arkoujiさんのご意見は如何なものですか?

こんにちは、緋呂々さん。

おっしゃるとおり、今の経営陣は柔軟性がないというかなんというか・・・iPhoneを導入してくれたたででもましといえるんでしょうが、後発なんだからどかんと一発過激な施策をやってほしいところですね。

iPad版Officeですが、これを使うためには有料サービスが必要なんですよね。機能が少ないためSurface版の評判もあまりよろしくないようで、これなら最初からパソコンでOffice使ったほうがまし、という意見が大勢のようです。

そんなわけで、もしかしたらSurfaceのキラーアプリのためだったタブレット版Officeが、むしろOffice普及のためにiPadにも頼らざるを得なくなった、という事情があるんじゃないかと勝手に憶測しております。新しいOfficeはなかなか普及してないようですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58357347

この記事へのトラックバック一覧です: 次期iPad ドコモから年内に登場:

« 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです | トップページ | Wi-Fi接続でiPhoneから制御できる電気ケトル”iKettle” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ