« 次期iPhoneは4.7インチ/5.7インチ、iPadは13インチ版が登場 | トップページ | 次期iPad ドコモから年内に登場 »

2013年10月10日 (木)

今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです

今年のノーベル化学賞は、マーティン・カープラス氏、マイケル・レヴィット氏、アリー・ウォーシェル氏へ贈られますが、”計算化学”に対する功績が受賞理由だそうです。

2013年ノーベル化学賞はMartin Karplus氏ら三名に 計算化学の発展に寄与 - Technity

”複雑な化学反応システムにおけるマルチスケールモデルの開拓”というのが一体どういうものを示すのかがわかりませんが、彼らのプログラムにより、自動車などに使われる触媒反応、植物の光合成の仕組み、新薬の開発が進んだとされてるようです。

コンピュータシミュレーションへの貢献が受賞理由というのは、これまであまり聞いたことがありません。普段計算業務にかかわっているものとしては非常に気になるニュースです。

今後もしかしたら、構造解析分野で著しく貢献しているNASTRANやLS-DYNAも受賞対象になるかもしれませんね。

ノーベル賞がわかる事典

« 次期iPhoneは4.7インチ/5.7インチ、iPadは13インチ版が登場 | トップページ | 次期iPad ドコモから年内に登場 »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/58352652

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のノーベル化学賞は”計算化学”に貢献した3氏へ贈られそうです:

« 次期iPhoneは4.7インチ/5.7インチ、iPadは13インチ版が登場 | トップページ | 次期iPad ドコモから年内に登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ