« 職場にはタブレット端末が浸透してるもののキーボードは捨てられない!?という調査結果 | トップページ | 給紙トレイのないプリンター »

2013年8月20日 (火)

iPhone 5開けてみた

iPhone 4のバックパネル取り外しはいとも簡単に成功したんですが、iPhone 5はそうは行かないと聞いてますんで、一度挑戦してみました。

Img_4328

いずれ背面のカメラ部パネルを交換すると思うので、その予行演習です。

ところで、以前のiPhone 4の背面パネル交換時にこんな工具も取り寄せていたんですが。

Img_4329

結局背面パネルに付属したドライバーだけで足りてしまったため、使わず仕舞い。せっかくだから使ってみることに。

今回は星型ねじ用ドライバーだけでなく、吸盤とプラスチック製爪工具も使います。

Img_4330

iPhone 5のばらし方は、下部にある星型ねじ2本をばらすところまではiPhone 4/4Sと同じなんですが。

Img_4331

中にアクセスするには背面ではなく、前面パネルを開けなくてはいけません。

これをするにはこの吸盤が必要。

ホームボタンを引き上げる感じであけます。

ただしこれがめちゃくちゃ固い!

あまりめちゃくちゃ力を入れるわけには行かないし、かといって生半可な力では抜けません。

とにかく慎重に、でも力強く引っ張り上げます。

ある程度引っ張ると、8ピンコネクタ~イヤホンジャック付近に隙間が見えてくるので、そこにプラスチック製爪を挟み込んで一気にこじ開け。

Img_4335

ここまでくれば、あとはゆっくり引き上げます。

Img_4336

このとき、上側はフレキシブルコネクターがあるため、間違っても持ち上げないように注意します。

まるで2つ折りガラケーのようにあけるといえばよろしいでしょうか?

Img_4337

さて、初めてiPhone 5の中身を拝みますが、背面カメラ部分のパネルを交換しようと思ったら、液晶ディスプレイ、バッテリ、カメラをはずさないと出来そうにありません。

Img_4338

バッテリ上とフレキの横に見えるねじを取っただけでは、やはり背面パネルはびくともしませんでした。かなり大変ですね、これ。

今日はこれくらいでやめておきました。

本番に備えて、YouTube動画あたりでイメージトレーニングしておくことにします。

: iPhone4対応 iPhone/iPad/iPod分解修理工具セット(開封ツールキット) 交換修理用

« 職場にはタブレット端末が浸透してるもののキーボードは捨てられない!?という調査結果 | トップページ | 給紙トレイのないプリンター »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57979114

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 5開けてみた:

« 職場にはタブレット端末が浸透してるもののキーボードは捨てられない!?という調査結果 | トップページ | 給紙トレイのないプリンター »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ