« 3Dプリンターでロケットエンジンを製作!? | トップページ | 2014年初めに出る予定の第3世代iPad miniはベゼルレスか!? »

2013年7月16日 (火)

レトロなパソコン シャープ”MZ-80B”

私の初めてのパソコンはシャープのX1Fでしたが、それよりも古いパソコンがAkiba PC Hotlineに登場です。

~ シャープ MZ-80B ~ (レトロな○○ギャラリー) - AKIBA PC Hotline!

シャープにはかつて大きく分けて2種類のパソコンが存在してました。X1系(X68000も含む)とMZ系です。

ややこしいですが、MZ系は情報システム事業部が担当し、X1系はテレビ事業部の担当でした。

この時代に社内の2部署から別々にコンピュータ作ってたのって、シャープくらいのものでしょうか?

やや縦割りな感じのするこの2種類のパソコン(当時はマイコンと呼んでました)は、どちらもクリーンコンピュータだったという点では一致してます。

上のリンク先にもかかれてますが、電源を入れるとメディアからBASICなどを読み込むIPLというプログラムが起動するだけで、ROMのBASICを持ってませんでした。当時はこういうパソコンてのは珍しかったんですね。

それにしてもディスプレイとキーボードが一体型で、今のノートPCのようだといえなくも無いですが、まるで似つかないほど無骨な外観です。そりゃディスプレイがブラウン管ですから。

まあ一説にはこれを持ち歩いてた人もいたとかいないとかで、当時は小さいコンピュータだったんでしょう。

CPUはZ80互換の0.004GHz、メモリ0.000064GBといまどきな表現をすると悲しくなるほどのスペックです。なお、HDDなんてものはなくて、FDDでさえ貴重な時代でした。

中学生のときにX1Fを買ったんですが、なぜかこの無骨な外観が好きで、大人になったら中古のMZ-80買うんだって決めてたんですけどねぇ・・・気がつけば、ジャンク屋にもない貴重なパソコンになってました。

X1Fを買うときに、実はMZ-1500にするか悩んでたんですが、ザナドゥをやりたがってた友人にそそのかされてX1にしてしまいました。しかも当時まだようやく一般化し始めたフロッピードライブを1基内蔵したX1F model20です。

今にして思えばこれでよかったのかなあと思えるんですが、当時はちょっぴり硬派なMZに対する憧れもありました。

この形のiPad用キーボード付ケースを出したら、おそらく買ってしまいそうですね。レトロコンピュータiPadケースシリーズをどこか作らないものでしょうか。

SHARP Net Walker 5インチ モバイルインターネットツール ホワイト系 PC-Z1-W

« 3Dプリンターでロケットエンジンを製作!? | トップページ | 2014年初めに出る予定の第3世代iPad miniはベゼルレスか!? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

正確には、MZ-2000/1200から情報システム事業部に統合されています。MZ-40Kから80B2までは阿倍野の部品事業部が自社製の半導体を売るために、PCを設計していました。奈良・大和郡山の部隊は、電卓の色が濃いPC-3000シリーズ(のちのMZ-3500/5500/6500シリーズ)を開発していましたが、前述の通り阿倍野の部品事業部と統合になります。
PC-88BASIC(86)はNEC自社開発なのに、マイクロソフトのコピーライトが入っていました(著作権侵害にならないようコーディングには細心の注意を払ったものの、念を入れての処置だったとか)。これは、ROMが高価な時代で、バグが出たら交換に莫大な費用がかかるため、その回避策として自社開発とされました。シャープは見た目通りPET系(ミニコンの流れを汲む)のBASICを自社開発していますが、理由は全く同じです。
カセットテープからRAMにロードする仕組みにしておけば、バグ対策は楽だということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57805547

この記事へのトラックバック一覧です: レトロなパソコン シャープ”MZ-80B”:

« 3Dプリンターでロケットエンジンを製作!? | トップページ | 2014年初めに出る予定の第3世代iPad miniはベゼルレスか!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ