« 廉価版iPhoneの背面パネル写真が流出!?(追記) | トップページ | 防水マザーボードが登場 »

2013年7月 1日 (月)

週刊ロビ 第18号、19号到着&製作

まだまだ先は長いですねぇ。18、19号が到着しました。

Img_3628

今日は本体とは別に一つ何かついてきました。

Img_3629

マグネットトレイです。

ねじをなくさないためのトレイですが、ねじがあちこち飛び散らないように中央部分が磁石になっております。

Img_3630

さて、まずは18号の製作。

Img_3631

早速役に立っております、マグネットトレイ。

Img_3632

前回作った上腕部にカバー部品をつけます。

右でも同じ作業をやりましたが、このケーブル、なるべく長めに出しておくようにした方が後々困らなくて済むことを思い知らされております。

あまりぎゅっと引っ張るとコネクタが外れてしまう恐れがあるので、ほどほどに引っ張って出しておきます。

Img_3633

さて、二の腕の辺りの部品を取り付け。

Img_3634

右でも同じ作業をしたはずですが、こんな奥にねじなんてあったっけ?

すっかり忘れております。

Img_3635

忘れるといえば、このケーブルに保護シールをつける面も毎回冊子で確認しています。

いい加減、同じ作業なんだから覚えなきゃ。

Img_3636

19号はサーボのみ。

つまり、ここをはずすということです。

これはさすがに覚えましたね。

Img_3637

このときの長いねじを冊子にはさんでおりましたが、こうやってマグネットトレイを使えば楽に管理できます。もうちょっと早くくれればよかったのに・・・

Img_3638

サーボのコネクタにケーブルをつける作業もだんだんなれてきました。

こうやって爪先でぐっと押し込めばOK。

2回ほどかちかちって感じの感触がくれば、間違いなくはまってます。

Img_3639

サーボのテストをするために、毎回ロビ雄を倒さなきゃいけないのでちょっと不便。そろそろはずした方がいいですかね?テストボード。

Img_3640

今回はIDに20をつけます。

本来はサーボの後ろにダミーカバーつけてやる作業ですが、いちいちつけたりはずしたりが面倒なので、むき出しのままやっております。

Img_3641

サーボのデイジーチェーン結合は毎回至難の業です。

今回は右の反省を生かして長めにケーブルを引き出しておいたので、楽勝でした。

Img_3642

そんな苦労があるおかげで、まったく外からケーブルが見えません。きれいなものです。

ロボザックのあのケーブルむきむきの外観はなんだったのか?時代の進歩を感じます。

Img_3643

左腕もほぼ完成。次回は肩の部分となりそうです。

サーボモーターとケーブル取り付けがもっとも困難なところです。

Img_3644

ところで、サーボが来るたびに増えるのがこのダミーカバー。

もう要らないらしいのですが、捨てられずにとってあります。

なんかいい使い道が無いのかしらん・・・

« 廉価版iPhoneの背面パネル写真が流出!?(追記) | トップページ | 防水マザーボードが登場 »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57697608

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ 第18号、19号到着&製作:

« 廉価版iPhoneの背面パネル写真が流出!?(追記) | トップページ | 防水マザーボードが登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ