« 週刊ロビ第14号、15号到着&製作 | トップページ | TeamViewerでVB & Excel VBAマクロ実行環境を構築 »

2013年6月 3日 (月)

PCレスでTS抜きが可能なチューナー”PX-W3DVR1000”

しばらくTS抜きチューナーから離れておりますが、いまやPC無しで使えるものも増えてるようです。

2番組同時録画が可能な”PX-W3DVR1000”というのが一番新しいようです。

IT備忘録:家電型TS抜きチューナー PX-W3DVR1000

株式会社プレクス:PX-W3DVR1000

ただし、本体にはB-CASカードはなし、別途HDDが必要など、本体だけでは動きません。このあたりはAKB-PVR103などと一緒のようで。

Wチューナーというのが最大の売りのようです。裏番組を同時に録画したいと思ってる人なら、こちらがお勧めということになります。

ただこのチューナー、買ったままでは使えないようで、”デバッグモード”にしないといけないらしい。

やり方は、電源をつなぎ起動した際、「しばらくお待ちください」というメッセージが出ているうちにリモコンから「1234」と打ち込めばデバッグモードになりそうです。

このデバッグモードの状態で録画したデータはコピーガードのないいわゆる”TS抜き状態”となり、さらにこのチューナーをネットワーク接続するとPCから直接覗くことが可能だとか。

通常のTS抜きチューナーではお世話になるBonDriverやTVTest、TVRockなどが不要だそうです。

録画データがPCから見ることが出来るようになれば、あとはうちでもやってるようにTMPEGEnc MoviestyleでiPhone/iPad用データに変換できるようです。

今のところうちにはPX-S3Uが稼動(予備にPT2、KTV-FSUSB2、QRS-UT100B)してますが、これらが壊れたらこの辺のチューナーを入手するしかなさそうです。

PLEX PX-W3DVR1000 HDMI接続テレビ用地上デジタル・BS/CSテレビチューナ-

« 週刊ロビ第14号、15号到着&製作 | トップページ | TeamViewerでVB & Excel VBAマクロ実行環境を構築 »

KTV-FSUSB2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57512030

この記事へのトラックバック一覧です: PCレスでTS抜きが可能なチューナー”PX-W3DVR1000”:

« 週刊ロビ第14号、15号到着&製作 | トップページ | TeamViewerでVB & Excel VBAマクロ実行環境を構築 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ