« b-mobile WiFi3が「本来あり得ない理由で」出荷停止 | トップページ | 財布にも入るクレジットカード型モバイルバッテリー”ごくうすバッテリー” »

2013年6月16日 (日)

雑誌の付属CD/DVD-ROMを大量発掘

いろいろ整理してたら、こんなものが大量に出てきました。

Img_3361

雑誌に付属するCD/DVD-ROMです。

数えてませんが、おそらく200枚以上はあると思われます。

学生時代は月に5冊買ってた頃もありました。もはや週刊誌並です。

私の友人らはジャンプやサンデーなどを買う中、私だけPC系雑誌をせっせと買っておりました。

そんな思い出の品ですが、残してても見ることはないので、そろそろ処分しようかと。

Img_3362

ネトランなど最近(?)の雑誌もちょっとはありますが、大半は1994~2001年までの間に買ったDOS/V Power Reportや日経WinPC、MacPower、MAC LIFEなどなどです。

当時はネットで流れてる情報なんてまだまだわずかでしたから、情報の大半を雑誌から入手するしかありませんでした。

Img_3363

これらCD-ROMの中で一番いいセンスのものはこのMAC LIFEですね。

ご覧の通り、カラフルです。終盤には上の段のように普通のデザインになってしまいましたが。

いまや雑誌を買うことすらほとんど無いため、CD/DVD-ROMが増えることがなくなりました。というか、最近の雑誌でROM付なもの自体が減ってしまいましたが。

ここにある中で、生き残ってる雑誌といえばDOS/V Power Report、日経WinPC、Mac FanとMac Peopleくらいになってしまいました。相当数の雑誌が休刊に追い込まれましたね。

ネットの普及など雑誌を取り巻く環境が激変したことが要因といわれてますが、私はちょっと違うかなあと思っております。

PC系雑誌を大量に読んでたからこそわかるんですが、この当時から今に至るまでPC雑誌といえばベンチマーク至上主義なところがあります。

でもユーザーはベンチマークするためにPCを買うわけではないですからね。年賀状書かせたい、動画処理したいなどなど、何か目的を持って買うわけです。

そういう使い道に主眼を置いた雑誌というものがほとんどなくて、結局つまらなくなってきたというのが実態じゃないかと。

2000年くらいまでは何をさせるにもCPUパワーやメモリ、ディスク容量が足らず、すこしでも高い性能をという時代でしたから、ベンチマーク至上主義でもやっていけたわけです。

ところがもうコア数を増やすしか性能向上が望めない、メモリもディスクも使いきれないという時代になり、もはやベンチマーク結果を眺めるだけでは満足できないという時代に突入しております。

おまけにスマホやタブレットなど、PCの存在を脅かすものが出現し、ますます狭い市場となってきてます。

私の感じでは、案外Mac系の雑誌の生存率が高いかなぁと感じてます。

この理由として、Mac系の雑誌は昔からベンチマーク以外の記事の方が多いからじゃないかと思ってます。

それ以外にも、Macの雑誌というよりAppleの雑誌であるため、Macが廃れてもiPodやiPhoneなどを扱い続けた結果、生き残ったという事情も多分にあるでしょうが。

Macだけを相手にしてると、年に数機種しか新製品が出ないため、ベンチマークをやるのは新製品の出た月くらい。

それよりも、低性能機種でも楽しめるフリーソフト紹介や、高性能機種ならではの使い方の提案などをやっていて、ベンチマーク結果が高い=よい機種という前提がないから安いMacを所有してても楽しめてしまう。

出してる会社がAppleだけで、安かろうが高かろうがApple様が作り出したマシンにけちをつけるわけにはいかない、というスポンサー事情もあったんでしょうけど。

というわけで、Mac系とWindows系の両方の雑誌を買ってたからこそ、このベンチマーク至上主義というのが気になって仕方がありませんでした。

今はスマホの全盛期、これを扱う雑誌には、確かにベンチマーク結果というものは出ております。

が、CPU性能にはほとんど差がないため、バッテリ駆動時間や通信速度といった実用上気になるところに重点を置かれたものがおおいですね。

それ以上に多いのはアプリの情報。つまり”使い方”というやつに主眼が置かれ始めてます。

このアプリ紹介もちょっと度が過ぎるところがあるように感じないわけでもないですが、それでも使い方の提案をほとんどしなかった昔の雑誌に比べたら、かなりましな状況かなぁと。

・・・と、昔の雑誌のCD-ROMを眺めながら考えてしまいました。

最近は雑誌を買うと、付録が増えてきますね。週アスのことをいってますが。

あちこちに付録が転がってます。使えるものは使ってますが、あまり使わなくなったものもいくつか。

また10年後になると、今度はあふれた付録の記事を書いてるかもしれません。

CDカットはさみ 55mm カバー付

« b-mobile WiFi3が「本来あり得ない理由で」出荷停止 | トップページ | 財布にも入るクレジットカード型モバイルバッテリー”ごくうすバッテリー” »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57549284

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の付属CD/DVD-ROMを大量発掘:

« b-mobile WiFi3が「本来あり得ない理由で」出荷停止 | トップページ | 財布にも入るクレジットカード型モバイルバッテリー”ごくうすバッテリー” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ