« 1000円のWebカメラをRaspberry Piにつないでみた | トップページ | Python、Java、Scratchでプログラミングできるロボット”mOwayduino” »

2013年6月 7日 (金)

ビックカメラの月額945円からのLTE+公衆無線LANの通信サービス「BIC SIM powered by IIJ」が14日から開始

ビックカメラからオリジナルSIMカードによる通信サービス「BIC SIM powered by IIJ」が6月14日から開始されるそうです。

AKIBA PC Hotline:LTE+公衆無線LAN対応で月額945円のSIMカードが近日発売

月額945円で月500MBまではLTE通信速度が得られ、クーポンを使い切ると200kbpsになるという「ミニマムスタートプラン」から、SIM1枚で月2GBまでLTE通信可能な「ライトスタートプラン」、SIM3枚を所有でき月2GBまで通信可能な2,940円の「ファミリーシェアプラン」の3種類のサービスがあります。

どこかで聞いたことのあるサービスだと思ったら、やっぱりIIJmioでした。あれをビックカメラブランドで出すようです。

ただこの通信サービスはもう一つ公衆無線LANサービスも合わせて提供されるとのこと。マクドナルドや空港、駅などで使える「Wi2 300」というサービスがついてくるそうです。

このあたりが差別化につながりそうです。

そういえばIIJmioも今月から月945円プランにも500MBまでのクーポンがついてくるようになったんですよね。

ちょっと仕事が落ち着いたら、そろそろ加入を考えたいところなんですが・・・使うなら、SIMロックフリーのiPhone 4Sですね、やっぱり。

公衆無線LANが使えるところから、ビックカメラのも気にはなりますが、近くにビックカメラ無いですからね。イオンのIIJmioにするか、Amazonのやつにするかといったところでしょうか。

Apple iPhone 4S 黒 16GB 海外版SIMフリー正規品

« 1000円のWebカメラをRaspberry Piにつないでみた | トップページ | Python、Java、Scratchでプログラミングできるロボット”mOwayduino” »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57538015

この記事へのトラックバック一覧です: ビックカメラの月額945円からのLTE+公衆無線LANの通信サービス「BIC SIM powered by IIJ」が14日から開始:

« 1000円のWebカメラをRaspberry Piにつないでみた | トップページ | Python、Java、Scratchでプログラミングできるロボット”mOwayduino” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ