« Googleが背負い式ストリートビューカメラのレンタル開始 | トップページ | Amazon Kindle Fireが3000円引き(7月2日まで) »

2013年6月29日 (土)

3Dプリンターで壊れたおもちゃを修理

兵器から食物まで、活用事例が多岐に渡りすぎてもはやアイデア合戦の様相を呈している感のある3Dプリンターですが、新たな活用法がここ日本から登場です。

3Dプリンタで壊れた玩具を修理 - Togetter

絶版で補修部品が手に入らない玩具の補修のために3Dプリンターを使ったというお話だそうで。

なるほど、樹脂を使うおもちゃって多いですから、3Dプリンターでも部品を作れるわけです。

部品を作るためにモデリングは独学で極めたそうで、努力の結晶でもあるわけです。

おもちゃが壊れても直して使うという、大半の日本人が忘れてしまった慣習を、最先端の3Dプリンターが再び呼び起こしてくれたということになりますね。

子供にとって思い出のおもちゃというのは誰しも一つはあることと思いますが、そういう思い出の品がたった一部品でも壊れてしまうのは悲しいこと。

まだ敷居が高いとはいえ、個人でも補修が可能な時代に突入したようです。

汗と涙の激安 3D プリンタ Printrbot くみたて・調整

« Googleが背負い式ストリートビューカメラのレンタル開始 | トップページ | Amazon Kindle Fireが3000円引き(7月2日まで) »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57688502

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンターで壊れたおもちゃを修理:

« Googleが背負い式ストリートビューカメラのレンタル開始 | トップページ | Amazon Kindle Fireが3000円引き(7月2日まで) »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ