« au 6月からLTE回線速度を下り最大100Mbpsへ | トップページ | iWatchは1.5インチ有機ELディスプレイ搭載でIntel設計らしい!? »

2013年5月21日 (火)

30ピン→Lightning変換ケーブルでiPad miniとキーボードなどをつないでみた

せっかく30ピンコネクタをLightningコネクタに変換するケーブルを買ったので、我が家にある30ピンコネクタ対応製品をいろいろと試してみました。

まずはiPad Camera Connection Kitから。

20130514_15_08_45

USBアダプタの方を使うとiPadにUSBキーボードをつなぐことが出来るため、これがLightningコネクタのiPad miniでも可能かどうかやってみました。

Img_3155

つないだ瞬間、こんなメッセージが出ますが。

Img_3156

何だ使えるじゃないか、ということがわかりました。

以前iPadのときもCamera Connection Kitでキーボードをつなぎましたが、こちらの方が性能が高いせいかレスポンスが良く、スムーズに入力が出来ます。普通のPCと遜色ありません。

Img_3157

それにしてもiPad miniにフルサイズのキーボードはちょっとアンバランスですね。

でもキーボードは大きい方が使いやすいのは確かですが。

Img_3158

なおCamera Connection KitのSDメモリアダプタの方も問題なく使えます。

Img_3159

が、既にLightning版SDメモリアダプタは持っておりまして、あまり意味がないんですが。

Img_3160

そういえば、iPod用スピーカーなんてのも持ってました。

こいつは本来、iPodの充電、PCとの同期、および音源スピーカーの3種の役割を持ってるんですが、iPod touch/iPhoneをつないでもスピーカー用途以外は使えません

Img_3161

iPad miniをつないでも充電、同期は不可。ただし音はちゃんと出ます。

こういう形のケーブルなため、Dock形状の合わないiPad miniでもこうやって接続することが可能です。

Img_3162

もちろんiPhone 5でもつながります。

Img_3163

そういえばiPhone用放射線検知器も持っておりました。

専用アプリを入れて使ってみましたが、これも問題なく使用可能。

無論、同期や充電といった基本的な用途もOK。

私が持っている30ピンコネクタ機器で使えなかったのは、ポケットプロジェクタの”ipico”だけということになりました。

30ピンコネクタとLightningコネクタの変換は、このケーブルタイプの他にコネクタ型のがありますが、例えばDockスピーカーなどにつなぐことを考えるとケーブルタイプの方がいいですね。値段はちょっと高いものの、汎用性は上がります。

キーボードが思ったより便利です。Bluetoothキーボードを持ってはいますが、なんといってもPC用の汎用キーボードなので、使い勝手は抜群です。これが今回最大の収穫でしょうか?

Apple Lightning - 30ピンアダプタ (0.2 m) MD824ZM/A

« au 6月からLTE回線速度を下り最大100Mbpsへ | トップページ | iWatchは1.5インチ有機ELディスプレイ搭載でIntel設計らしい!? »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57383774

この記事へのトラックバック一覧です: 30ピン→Lightning変換ケーブルでiPad miniとキーボードなどをつないでみた:

« au 6月からLTE回線速度を下り最大100Mbpsへ | トップページ | iWatchは1.5インチ有機ELディスプレイ搭載でIntel設計らしい!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ