« HPから自由度の高いAtomサーバー”Moonshot”登場 | トップページ | Raspberry Piよりも高速で拡張性の高い"BeagleBone Black" »

2013年4月25日 (木)

容量5000mAhのモバイルバッテリPowerBankを半年ぶりに使ってみた結果

かれこれ2年近く前に購入した容量5000mAhのモバイルバッテリ PowerBankですが、毎日通勤かばんに入れて持ち歩いてます。

ところが、車で30分の通勤で、会社ではACアダプタで充電しちゃうため、まるで出番がありません。

というわけでほとんど使われていないこのPowerBank。実はここ半年ほど充電していません。去年の11月ごろに来たばかりのiPad miniを充電したときに使って以来放置状態です。

さすがにそろそろ心配になってきたので、ちょっと確認してみました。

Img_2666

バッテリランプを確認するとまだほとんど放電していない様子。満タン近い状態を示す3本のLEDが付きます。

Img_2667

ここでバッテリが残り64%のiPhone 5を充電してみました。

充電開始と同時にLEDが一本消滅。ぎりぎり3本点灯してただけだったみたいです。

で、充電すること1時間ほど。

Img_2669

iPhone 5の方はちゃんと100%まで充電できてました。

LEDランプは依然として2本のままです。

まだまだバッテリ性能は維持できてるようです。

安物のバッテリを何個か買って、しばらく使っていないと過放電して使い物にならなくなるという経験を繰り返しているだけに、この結果は満足です。

思ったよりいいですね、このPowerBank。安物にしては上々です。

そろそろ10000mAhクラスのに買い換えようと思ってましたが、せっかく当たりのバッテリにめぐり合ったんだし、壊れるまではこいつで乗り切ろうかなと思います。

今年の夏ごろには東京ディズニーリゾートへ行こうかと思ってます。多分iPhoneとiPad miniを持っていくつもりなので、活躍してくれそうですね。

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

« HPから自由度の高いAtomサーバー”Moonshot”登場 | トップページ | Raspberry Piよりも高速で拡張性の高い"BeagleBone Black" »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57194170

この記事へのトラックバック一覧です: 容量5000mAhのモバイルバッテリPowerBankを半年ぶりに使ってみた結果:

« HPから自由度の高いAtomサーバー”Moonshot”登場 | トップページ | Raspberry Piよりも高速で拡張性の高い"BeagleBone Black" »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ